【メイクデビュー】(函館5~6R) [News]
2012/06/16(土) 15:42


函館5Rのメイクデビュー函館(牝馬・芝1200m)は、4番人気ジーブラック(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒6。クビ差の2着に1番人気コナブリュワーズが、半馬身差の3着に7番人気エターナルムーンがそれぞれ入線。

ジーブラックは栗東・清水久詞厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母グランプリシリウス(母の父アグネスタキオン)。

レース後のコメント
1着 ジーブラック 丸山元気騎手
「乗り味のいい馬ですが、他の馬を怖がって走っていました。スタートを出てから頭を上げていましたし、最後の直線もそれほどビッシリ追っていません。今後はテンションが上がらず、馬を怖がる面がなくなればいいなと思います」

2着 コナブリュワーズ 秋山真一郎騎手
「函館のウッドチップコースではそれほど走りませんでしたが、やはり芝では走りますね。まだ調教でビシビシやっていないので、これで次はよくなるでしょう」

5着 ネオヴィヴィアン 三浦皇成騎手
「スタートを出てすぐに周りの馬を怖がってしまったため、後手を踏んでしまいました。その割に最後はいい伸びを見せてくれましたし、センスを感じました。まだビッシリとやっていないので、次はよくなると思います」


函館6Rのメイクデビュー函館(ダート1000m)は、4番人気イーサンヘイロー(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分01秒2。1馬身半差の2着に2番人気レギスが、3馬身差の3着に1番人気チェリーボンバがそれぞれ入線。

イーサンヘイローは美浦・大和田成厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドヘイロー、母ロングビクトリア(母の父タニノギムレット)。

レース後のコメント
1着 イーサンヘイロー 四位洋文騎手
「追い切りに乗った丸山騎手が『背中の感じも悪くないし、いい動きでした』と言っていました。スタートは遅れてしまいましたが、勝負どころからハミを噛んで上がっていけました。ただ、体つきも含めてまだ幼いですね。まだまだこれからの馬です」

2着 レギス 丸田恭介騎手
「スタートまでに馬が舞い上がってしまった感じです。今日はゲート内の駐立も悪くて出遅れてしまいましたが、かなりの素質を感じました。次はテンションが上がらなければ良いと思います」

4着 ネコイッチョクセン 津村明秀騎手
「まだ体も緩くて、3コーナーで外に膨らんでしまいました。しかし、思っていたよりもがんばってくれましたし、レースを使いながらよくなってくると思います」