6月14日(木)「北海道スプリントC(北海道)はセレスハントが制す」ほか [全国競馬情報]
2012/06/14(木) 20:41


●●重賞レースの結果●●
<14日(木)>
・門別競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われた第16回北海道スプリントカップ(3歳以上オープン・JpnIII・1着賞金2200万円・ダート1200m)は13頭が出走した。
 大外枠からスタートしたJRAのサマーウインドが先手を取って逃げたが、直線に入ってサマーウインドと内ラチの間を3番人気のJRAのセレスハントが突き抜けて快勝した。勝ちタイムは1分11秒6。勝利騎手はJRAの岩田康誠。4番手を追走した2番人気のJRAのタイセイレジェンドが2馬身半差の2着。単勝1.8倍の1番人気となったJRAのトウショウカズンは直線追い込んだものの1馬身半差の3着に終わった。逃げたサマーウインドが4着。
 セレスハントは、JRA栗東の松永幹夫厩舎所属。父コロナドズクエスト、母エリモシンフォニー(母父Blushing Groom)という血統の牡7歳栗毛馬。重賞は3勝目で通算成績は44戦11勝(中央競馬では33戦して8勝)となった。
<13日(水)>
・南関東牝馬3冠の最終戦でJRAとの交流競走(統一ダートグレードJpnII)第48回関東オークス(1着賞金3200万円、ダート2100メートル)は川崎競馬場に14頭を集めて行われ、序盤は6~7番手を進んだ船橋のアスカリーブル(川島正行厩舎、今野忠成騎乗)が3コーナー過ぎから徐々に進出、終始2番手の位置から直線で先頭に立ったJRAのサトノジョリーをゴール手前で交わして優勝。5月の東京プリンセス賞(大井)に続いて南関東2冠(浦和の桜花賞は不出走)を達成した。
 アスカリーブルは父ブラックタキシード、母ステキナデアイ(その父ホワイトマズル)という血統。昨年6月14日に認定新馬戦を勝って9月の重賞園田プリンセスカップまで4連勝で大井に転入。南関東初戦は勝ったもののその後3度の敗戦を経て船橋に転籍。ユングフラウ賞で4ヶ月ぶりの勝利を飾ると牡馬相手の京浜盃でも4着に健闘し、一息入れて臨んだ東京プリンセス賞は2着に3馬身半の差を付ける圧勝で制していた。

<レース後の関係者のコメント>
1着 アスカリーブル
(今野忠成騎手)
「思った通りに乗れたことが、結果につながったと思います。(ゴールしたあと、ガッツポーズが出ましたが)ゴールした後は『見たか!』という思いでした。嬉しかったですね。川島調教師からはあまり慌てず、脚をためて行けば切れるから、という指示でした。何か下がってくる馬がいたら嫌だな、とは思っていたのですが、仕掛けてからもしっかり反応してくれました。どんな競馬も出来る馬ですし、距離が短くなって忙しくなるよりは、距離があったほうが良いのではないでしょうか。これからもぜひ応援してください」
(川島正行調教師)
「地方の馬がなかなか(このレースを)勝てていませんでしたから、本当に嬉しいですね。順調に調整してくることが出来ましたし、4コーナーあたりからは安心して見ていられました。クラーベセクレタという存在も(自厩舎に)いますが、ぜひ匹敵するような馬になって欲しいですね。今後のことは、馬の様子を見て決めたいと思います」

2着 サトノジョリー(C.ウィリアムズ騎手)
「ゲートがそれほど良くない馬で、自分なりに研究はしていたのですが、ゲートが開いた瞬間にもたれてしまいました。引っ掛かっているようなことはなくいいペースで走れていて、4コーナーでは行けると思いましたが、勝った馬の伸び脚は凄かったですね。3歳の牝馬ですから、初めてのナイターや初めての距離に戸惑っていた面もあったかも知れません」

4着 マシュマロ(川田将雅騎手)
「それほど器用な馬ではないので、これだけ小回りのコースではコーナーでうまく回って行けない面があります。ただ、馬は一生懸命走ってくれました。今日もたくさんのファンの方々に応援して頂けましたし、今後もぜひ応援して頂きたいです」

(取材:大関隼)


●●笠松の尾島徹騎手が通算800勝達成●●
・笠松の尾島徹騎手(28歳)が、12日(火)に行われた笠松競馬の第2競走でオマモリに騎乗して勝ち、地方競馬通算800勝を達成した

★尾島徹騎手のコメント
「この日は4本勝てましたし、東海ダービーや西日本グランプリで負けたうっ憤を少しは晴らせたかな。ここまでこられたのは馬主さんや厩舎関係者のおかげです。感謝しています。数字の上でもレースの中身でももっともっと上を目指していくので、これからも応援のほど、よろしくお願いします」

★尾島徹(おじま とおる)騎手のプロフィール
1984年3月23日生まれ・愛知県出身・柴田高志厩舎所属
初騎乗:2001年4月1日 笠松競馬場 
初勝利:2001年4月25日 笠松競馬場(11戦目)
<800勝達成時の通算成績>
5384戦800勝・2着683回・3着619回
4着636回・5着611回・6着以下2035回
 
(笠松競馬のホームページによる)


●●2歳戦の結果●●
<13日(水)>
●門別(天候:曇 馬場:良)
★JRA認定アタックチャレンジ2歳未勝利(第5競走・2歳・ダート1700m・11頭立て)
 クラグオー・牡2歳・北海道:堂山芳則厩舎・父クラキングオー
★JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬牝馬(第6競走・2歳牝馬・ダート1000m・12頭立て)
 サマーフェニックス・牝2歳・北海道:齊藤正弘厩舎・父スズカフェニックス
★JRA認定アタックチャレンジ2歳未勝利(第7競走・2歳・ダート1200m・11頭立て)
 ヨウメイモン・牡2歳・北海道:原孝明厩舎・父ファスリエフ
<14日(木)>
●門別(天候:晴 馬場:良)
★2歳未勝利(第3競走・2歳・ダート1000m・11頭立て)
 リョウマチーター・牝2歳・北海道:恵多谷豊厩舎・父ローエングリン
★2歳未勝利(第4競走・2歳・ダート1200m・12頭立て)
 ヤーブルース・牡2歳・北海道:米川昇厩舎・父サウスヴィグラス
★JRA認定フレッシュチャレンジ2歳新馬(第6競走・2歳・ダート1200m・11頭立て)
 ジェネラルグラント・牡2歳・北海道:廣森久雄厩舎・父ロージズインメイ
★JRA認定アタックチャレンジ2歳牝馬未勝利(第7競走・2歳牝馬・ダート1000m・10頭立て)
 キャニオンピュア・牝2歳・北海道:米川昇厩舎・父スタチューオブリバティ
★JRA認定ウィナーズチャレンジ2歳オープン(第9競走・2歳・ダート1000m・7頭立て)
 ミータロー・牡2歳・北海道:田中淳司厩舎・父プリサイスエンド・通算2戦2勝


●●JRA交流競走の勝ち馬●●
<12日(火)>
●金沢(天候:曇 馬場:稍重)
★金沢城賞(第9競走・3歳以上・ダート1500m・10頭立て)
 シゲルアーモンド・牡3歳・JRA栗東:目野哲也厩舎・父ケイムホーム
●川崎(天候:雨 馬場:不良)
★ジューンスター賞(第8競走・3歳以上・ダート1500m・14頭立て)
 ハバナマティーニ・牡4歳・川崎:池田孝厩舎・父リンカーン
<13日(水)>
●笠松(天候:曇 馬場:良)
★槍ヶ岳賞(第9競走・3歳・ダート1400m・10頭立て)
 エスケイティアラ・牝3歳・JRA栗東:小原伊佐美厩舎・父スズカマンボ
<14日(木)>
●門別(天候:晴 馬場:良)
★ミザール特別(第10競走・3歳以上・ダート1800m・11頭立て)
 キンショーオーロラ・牝4歳・JRA栗東:中村均厩舎・父ネオユニヴァース
●川崎(天候:晴 馬場:重)
★ジューンフラワー賞(第9競走・3歳・ダート1400m・12頭立て)
 ソウブチャンス・牝3歳・川崎:山崎尋美厩舎・父アジュディケーティング
★12スパーキングナイトチャ(第10競走・3歳以上・ダート1600m・14頭立て)
 シャイニースマイル・牡5歳・船橋:川島正行厩舎・父トワイニング

(担当:小林雅巳)