【青梅特別】(東京)~ホッコータルマエ 2番手から抜けて押し切る [News]
2012/06/03(日) 15:41


東京9Rの青梅特別(3歳上1000万下、ダート1600m)は1番人気ホッコータルマエ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒3(良)。3/4馬身差2着に4番人気エアハリファ、さらに4馬身差で3着に6番人気アメリカンウィナーが入った。

ホッコータルマエは栗東・西浦勝一厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母マダムチェロキー(母の父Cherokee Run)。通算成績は7戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ホッコータルマエ(幸騎手)
「強かったですね。直線に向いて、外の馬に出られた時、馬が怯んでしまいましたが、そこから押して行ったらスッと抜け出して、あとは遊びながら走っていました。力があります」

3着 アメリカンウィナー(蛯名騎手)
「(3歳馬が上位を占めたことについて)古馬との3キロ差は大きいけど、3歳馬、強いですね。上がりの速い競馬でよく頑張っていますし、このクラスでも十分やれます。いい内容でしたから、次に繋がると思います」

4着 メテオライト(ウィリアムズ騎手)
「結果として、もう少し前につけて行った方が良かったかもしれません。でも距離は合っていますし、力はあります」

5着 アドマイヤサガス(岩田騎手)
「自分の形でレースは出来ましたが、今日は反応がありませんでした。相手が強かったです」