【日本ダービー】(東京)~皐月賞3着のディープブリランテが戴冠 [News]
2012/05/27(日) 18:05


東京10Rの日本ダービー(3歳GI・芝2400m)は、3番人気ディープブリランテ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分23秒8。ハナ差の2着に5番人気フェノーメノが、3/4馬身差の3着に7番人気トーセンホマレボシがそれぞれ入線。

ディープブリランテは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ラヴアンドバブルズ(母の父Loup Sauvage)。通算成績は6戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ディープブリランテ 岩田康誠騎手
「自分のことよりも馬をまず褒めてあげたいです。最後は脚が上がっていましたが、ゴールまでよく耐えてくれたと思います。矢作調教師もスタッフもこの馬がいちばん強いと思っていたし、僕自身もそう思っていましたので、何とか結果を出せて、この馬とひとつになれた気がします。レースでは馬場状態を考えてレースを進めましたが。2400mはもたないという人もいましたが、これで距離も大丈夫と証明できましたし、本当に馬を褒めてやってください。まだこの馬としては第一歩を踏み出したところ。この世代でいちばん強いとずっと思っていたので、それをまずダービーで証明したということでしょう」

2着 フェノーメノ 蛯名正義騎手
「前を追いかけすぎず、離れすぎないという理想的な位置で完璧にレースを運べました。馬もギリギリまで仕上がっていました。本当に悔しすぎます。ダービーは重さが違います」

3着 トーセンホマレボシ C.ウィリアムズ騎手
「ゼロスを追って前へ行ったのに、最後までバテずに3着に粘ってくれました。負けはしましたが、この馬の成長を感じます」

4着 ワールドエース 福永祐一騎手
「前に届く位置につけたかったのである程度出していきましたが、折り合いもスムーズでかかるところはありませんでした。4コーナーでフェノーメノの後ろで少し離されましたが、もともと4コーナーでは手応えのいい馬ではないので、期待を持って追いました。でも、今日はジリジリとしか伸びませんでした」

5着 ゴールドシップ 内田博幸騎手
「位置取りが後ろすぎました。今日は馬場が硬くて前が止まらなかったので早めに動いていきました。最後も追い上げてくれましたが……」