【メイS】(東京)~エーシンリターンズ 逃げ切り勝ち [News]
2012/05/19(土) 16:42


東京11Rのメイステークス(4歳上オープン、ハンデ、芝1800m)は4番人気エーシンリターンズ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒4(良)。クビ差2着に1番人気ステラロッサ、さらに1馬身1/2差で3着に2番人気モンテエンが入った。

エーシンリターンズは栗東・坂口正則厩舎の5歳牝馬で、父キングカメハメハ、母エイシンサンサン(母の父キャロルハウス)。通算成績は18戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 エーシンリターンズ(戸崎騎手)
「2~3番手が理想だが、行く馬がいないようなので行ければ行っても、との指示で、スタートも良かったので先頭に行かせました。気持ち良く先行出来ましたし、しぶとく粘ってくれました。乗りやすく、2番手でも折り合える馬ですから、距離にも対応してくれました」

(坂口正則調教師)
「うまいレースをしてくれました。飼い葉食いの細い馬ですので、次のレースは馬の状態を見て決めることになると思います」

2着 ステラロッサ(柴田善騎手)
「乗りやすい馬で、この馬なりによく走っているんですが…」

3着 モンテエン(内田博騎手)
「この速い上がりの競馬では追い込むのは辛いですね。よく頑張って伸びているんですが…」

4着 アドマイヤコマンド(北村宏騎手)
「ペースが遅くなりそうだったので、ある程度ポジションを取りに行きました。よく踏ん張っていましたし、状態が戻ってきています」

5着 アカンサス(畠山吉宏調教師)
「この馬も最後よく伸びて頑張っているんですが…。結果的に男馬との力の差かもしれません」