5月17日(木)「川崎マイラーズ(川崎)はカキツバタロイヤル」ほか [全国競馬情報]
2012/05/17(木) 18:08


●●川崎マイラーズ(川崎)はカキツバタロイヤル5度目の重賞V●●

 16日(水)川崎競馬場(晴・やや重)で行われた第4回川崎マイラーズ(1600m・14頭)は、中団を追走した3番人気のカキツバタロイヤル(石崎駿騎手)が、内からポジションを押し上げ直線抜け出し、1分40秒3で5度目の重賞制覇を飾った。1馬身半差の2着にファイナルスコアー、半馬身差3着はドリームライナー。2番人気のディアーウィッシュ4着、1番人気のルクレルクは8着に終わった。

 勝ったカキツバタロイヤルは父ロイヤルタッチ母ホウヨウリリー(その父アンバーシャダイ)の牡6歳鹿毛馬、船橋・凾館一昭厩舎の管理馬。通算成績38戦14勝、重賞5勝目。


●●のじぎく賞(園田)は笠松のマーメイドジャンプ●●

 17日(木)園田競馬場(晴・良)で行われたGRANDAME-JAPAN3歳シーズン7戦目、3歳牝馬による第50回のじぎく賞(1700m・12頭)は、道中4番手を進んだ笠松のマーメイドジャンプ(東川公則騎手)が、逃げた人気の地元メイレディを直線で交わして1着、勝ち時計は1分52秒0。1馬身3/4差の2着にメイレディ、3着はさらに7馬身遅れて大井のラブミーアゴー。

 勝ったマーメイドジャンプは父プリサイスエンド母マーメイドウインク(その父エルコンドルパサー)の牝3歳黒鹿毛馬、笠松・後藤保厩舎の管理馬。通算成績10戦4勝、前走・東海クイーンカップに続いて重賞2連勝を飾った。

 この結果により、GRANDAME-JAPAN3歳シーズンはここまで7戦を終え、1位がメイレディ(兵庫)で29ポイント、2位がマーメイドジャンプ(笠松)で25ポイントと、2頭が3位以下を離している。シリーズは6月13日の関東オークスが最終戦となる。


●●エトワール賞(門別)はプリティゴールド連覇達成●●

 17日(水)門別競馬場(晴・やや重)で行われた第12回エトワール賞(ベーカバド賞 1200m・12頭)は、2番人気のプリティゴールド(五十嵐冬樹騎手)が中団追走から差し切って、見事に連覇を達成した。勝ち時計は1分13秒4、1馬身差の2着にロクイチスマイル、ハナ差3着アグネスポライト。

 勝ったプリティゴールドは父Fusaichi Pegasus母Pilgrim(その父Danehill)の牝6歳鹿毛馬、北海道・佐久間雅貴厩舎の管理馬。通算成績31戦6勝、昨年に続くこのレース連覇で重賞2勝目。


●●JRA認定2歳戦(門別)の結果●●

●16日(水)…曇・やや重

 5Rのフレッシュチャレンジ新馬戦(1200m)は、スマートボーイ産駒の牝馬ユールビーマイン(五十嵐冬樹騎手)が、1分15秒7で直線抜け出して勝利。

 6Rのフレッシュチャレンジ新馬戦(1200m)は、新種牡馬ブラックタイド産駒のラブキンゾウ(服部茂史騎手)が、2番手から抜け出し1分15秒2で4馬身差の勝利。

 8Rのアタックチャレンジ未勝利戦(1000m)は、サウスヴィグラス産駒の牝馬ハニーパイ(岩橋勇二騎手)が1分01秒6で7馬身差の圧勝。

●17日(木)…晴・やや重

 5Rのフレッシュチャレンジ新馬戦(1700m)は、中団やや後方を進んだクロフネ産駒の牝馬シルバーストリーク(五十嵐冬樹騎手)が、直線に向いて前を交わすと、グングン突き放し、1分52秒7で7馬身差の圧勝。

 6Rの牝馬限定フレッシュチャレンジ新馬戦(1000m)は、サウスヴィグラス産駒のハードデイズナイト(宮崎光行騎手)が1分02秒5で差し切り勝ち。

 7Rのアタックチャレンジ未勝利戦(1200m)は、ダイワメジャー産駒のフォリッド(服部茂史騎手)が、離れた5番手追走から残り200で先頭に立ち、あとは突き放す一方で5馬身差の快勝、時計は1分16秒7。


●●沼澤英知騎手(ホッカイドウ競馬)、400勝達成●●

 16日(水)の門別競馬9Rで、ホッカイドウ競馬の沼澤英知騎手(44歳)が、地方競馬通算400勝を達成した。

(ホッカイドウ競馬からのリリースによる)