【鎌倉S】(東京)~競り合い制してガンマーバースト [News]
2012/04/21(土) 16:26


東京10Rの鎌倉ステークス(4歳上1600万下、ダート1400m)は3番人気ガンマーバースト(大庭和弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒7(良)。クビ差2着に2番人気スノードラゴン、さらに1馬身差で3着に1番人気サイオンが入った。

ガンマーバーストは美浦・粕谷昌央厩舎の5歳牡馬で、父スペシャルウィーク、母マジェスティックラニア(母の父Giant's Causeway)。通算成績は17戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ガンマーバースト(大庭騎手)
「1400mダートは合っています。前の馬と脚色があまり変わらなかったので早めに並んで行きました。まだ遊びながら、気の悪さを出しながらも走っているので、上のクラスに行っても大丈夫だと思います」

2着 スノードラゴン(蛯名騎手)
「勝った馬が先に行くかと思いましたが、こちらが先に行く形になってしまいました。スタートも良く、他の馬も行かないので下げるわけにもいかず、目標にされる形になってしまった。1400mの方が合っていますし、他馬が来てからもよく頑張っているのですが…」

3着 サイオン(内田博騎手)
「ジリジリとしか伸びないので勝ち切れませんでした。内と外で離れてしまったし、競っていれば違ったと思います」

4着 ウォータールルド(柴田善騎手)
「斤量が増えていても出脚もついたし、最後までしっかり走っています。このクラスでも通用すると思います」

5着 トキノエクセレント(三浦騎手)
「外枠だし、引っ掛かってしまうので、下がって競馬をしました。内枠で壁を作れた方がいいですが、トモもしっかりしてきたし、馬がすごく良くなっています」