【ミモザ賞】(中山)~人気のハイリリーがクビ差しのぐ [News]
2012/03/24(土) 15:59


中山9Rのミモザ賞(3歳500万下・牝馬・芝2000m)は、1番人気ハイリリー(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒8。クビ差の2着に5番人気アイスフォーリスが、クビ差の3着に2番人気セコンドピアットがそれぞれ入線。

ハイリリーは美浦・尾形充弘厩舎の3歳牝馬で、父アグネスタキオン、母テイクミーハイヤー(母の父トニービン)。通算成績は6戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ハイリリー 三浦皇成騎手
「パンパンの良馬場で切れ味を生かす馬ですから、今日は地力で勝ってくれたようなものです。道中はしっかりとハミをとって進んでくれましたし、ゴールした後も余裕がありました。もっといい馬場状態で切れ味を生かすようなレースができれば、今後も楽しみです」

2着 アイスフォーリス 松岡正海騎手
「折り合いもついて、いいレースができたのですが、今日のところは勝った馬が強かったですね。でも、この馬も本当にしっかりしてくればもっと走る馬だと思います」

3着 セコンドピアット 田辺裕信騎手
「今日は早めに前の馬をつかまえに行ったのですが、伸び切れませんでした」

4着 シャンボールフィズ 武豊騎手
「乗り味のいい馬です。今日は前を捌くのに手こずっているうちに先に行かれてしまいました。いずれ走ってくる馬だと思います」

5着 ウイングドウィール 福永祐一騎手
「馬場の悪いところに入って伸びないところもありましたが、距離はこのぐらいでも大丈夫ですね」