【下総S】(中山)~トップハンデのグリッターウイングが制す [News]
2012/03/18(日) 16:49


中山10Rの下総ステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は、2番人気グリッターウイング(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒8。1馬身差の2着に1番人気グラッツィアが、3/4馬身差の3着に10番人気ママキジャがそれぞれ入線。

グリッターウイングは栗東・友道康夫厩舎の5歳牡馬で、父クロフネ、母レースウィング(母の父バブルガムフェロー)。通算成績は18戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 グリッターウイング 岩田康誠騎手
「1コーナーでペースが速かったので、まくって行こうと思いました。前回悔しい結果だったので、今回は何とかしたかったです。力を出し切れてよかったです」

2着 グラッツィア M.デムーロ騎手
「スタートもよく、いい位置で競馬ができました。最後並ばれてからムチに反応せず、ムチを入れるのをやめると止まるようなところもありましたが、よく走っていると思いました」

3着 ママキジャ 嘉藤貴行騎手
「競馬が上手です。道悪もうまいし、このクラスでここまでやれればいいと思います。とにかく競馬の上手な馬です」

5着 ミダースタッチ 北村宏司騎手
「外から行き脚をつけて行けたのはよかったです。道悪については何とも言えないです」