3月12日(月)「ダイオライト記念(14日船橋・JpnII)枠順」他 [全国競馬情報]
2012/03/12(月) 17:53


●●ダイオライト記念(14日船橋)枠順~フリオーソ、ワンダーアキュートなど13頭●●

 14日(水)の船橋競馬場では、統一ダートグレード競走のダイオライト記念(JpnII・2400m)が以下の13頭で争われる。このレース3勝目を狙うフリオーソは8枠13番、フェブラリーS3着から挑むワンダーアキュートは隣の8枠12番、川崎記念2着のランフォルセは7枠10番に決まった。発走は14日(水)16時15分。

 1枠 1番 メイホウホップ(佐賀)     牡9 56 鮫島克也
 2枠 2番 ピイラニハイウェイ(JRA)  牡7 56 川田将雅
 3枠 3番 トーセンルーチェ(船橋)    牡6 56 張田京
 4枠 4番 シビルウォー(JRA)     牡7 56 吉田豊
 4枠 5番 トーセンゴライアス(浦和)   牡8 56 橋本直哉
 5枠 6番 スターシップ(船橋)      牡8 56 石崎駿
 5枠 7番 グランシュヴァリエ(高知)   牡7 56 本橋孝太
 6枠 8番 アーバンストリート(船橋)   牡8 56 吉留孝司
 6枠 9番 タートルベイ(船橋)      牡7 56 酒井忍
 7枠10番 ランフォルセ(JRA)     牡6 56 横山典弘
 7枠11番 ミサキティンバー(愛知)    牡4 55 横井将人
 8枠12番 ワンダーアキュート(JRA)  牡6 56 和田竜二
 8枠13番 フリオーソ(船橋)       牡8 56 戸崎圭太


●●エミーズパラダイス(船橋)、アネモネステークスは12着●●

 10日(土)に中山競馬場で行われた桜花賞トライアル=アネモネステークス(芝1600m・16頭)に、船橋・川島正行厩舎のエミーズパラダイスが出走した。
 道中は2~3番手を追走する形となったが、直線は伸びを欠いて結局12着。2007年に同じく船橋所属でこのレースを勝った母・エミーズスマイルに続いての母子での桜花賞出走は成らなかった。


●●重賞レースの結果●●

★イレネー記念(11日・ばんえい)~ニシキエーカンが初重賞勝ち

 11日(日)のばんえい帯広競馬場で行われた3歳馬の重賞=第43回イレネー記念(1着賞金90万円・10頭)は、2番人気のニシキエーカン(鈴木恵介騎乗)が快勝、3度目の重賞挑戦でタイトルを掴んだ。10秒6離れた2着が5番人気のテンカムソウ、3着にアサヒリュウセイが入り、1番人気のブラックボスは5着。
 勝ったニシキエーカンは父が半血マルニエーカン、母が半血コーネルレディ(その父半血コーネルトップ)という血統の牡馬で、村上慎一調教師の管理馬。通算成績は22戦11勝。


★はがくれ大賞典(11日・佐賀)~フサイチオフトラ逃げ切り

 11日(日)の佐賀競馬場で行われた重賞の第9回はがくれ大賞典(芝2000m・1着賞金180万円・10頭)は、先手を奪った2番人気のフサイチオフトラ(倉富隆一郎騎乗)が逃げ切ってJRAから転入後2連勝を飾った(タイム2分08秒6)。目下23戦連続連対中で1番人気だったデュナメスは2番手から追ったが1馬身差で2着、3着に5番人気のシゲルアサマヤマが入った。
 勝ったフサイチオフトラは父ブラックホーク、母ダンシングサンデー(その父サンデーサイレンス)という血統の8歳牡馬で、川田孝好調教師の管理馬。通算成績は22戦4勝(うちJRA20戦2勝)、重賞は初制覇。


★大高坂賞(12日・福山)~地元の雄クラマテング逃げ切り

 12日(月)の福山競馬場で行われた新設重賞の大高坂(おおたかさ)賞(中四国連携競走・1800m・1着賞金60万円・10頭)は、2番人気に推された地元福山のクラマテング(嬉勝則騎乗)が逃げ切って勝った(タイム1分58秒9)。2着は2馬身差で高知のイーグルビスティー、3着にはナリタチャレンジが入り、1番人気のキングサラディンは4着。
 勝ったクラマテングは父ニューイングランド、母セルリアンシノ(その父ブラックスキー)という血統の7歳牡馬で、江口秀博調教師の管理馬。通算成績は74戦32勝、重賞は年明けの福山大賞典以来の勝利で通算10勝目。