2月23日(木)「ユングフラウ賞(浦和)はアスカリーブル完勝」ほか [全国競馬情報]
2012/02/23(木) 16:28


●●ユングフラウ賞(浦和)はアスカリーブル完勝●●

 22日(水)浦和競馬場(曇・良馬場)で行われた桜花賞トライアル・第4回ユングフラウ賞(1400m・12頭)は、2番人気のアスカリーブル(戸崎圭太騎手)が、向正面から徐々にポジションを押し上げ直線抜け出し、1分30秒2で2馬身差の完勝。2着に外から追い込んだレイモニ、さらに3/4馬身差の3着リカチャンス、人気のコテキタイは4着だった。

 勝ったアスカリーブルは父ブラックタキシード母ステキナデアイ(その父ホワイトマズル)の牝3歳黒鹿毛馬、船橋・川島正行厩舎の管理馬。通算成績9戦6勝、園田在籍時の園田プリンセスカップに続いて重賞2勝目。

 なおこのレースの上位3頭、アスカリーブル、レイモニ、リカチャンスには、3月21日に浦和競馬場で行われる桜花賞への優先出走権が与えられる。


●●梅見月杯(名古屋)はホウライエイブル62戦目の重賞初制覇●●

 23日(木)名古屋競馬場(曇・不良)で行われた第13回梅見月杯(1900m・12頭)は、3番人気のホウライエイブル(吉田稔騎手)が逃げ粘る伏兵キングスゾーンを半馬身交わして1着、勝ち時計は2分03秒2。2馬身差の3着にスウィングダンスが入り、人気のマルヨフェニックスは失速して4着に敗れた。

 勝ったホウライエイブルは父レギュラーメンバー母ホウライミラクル(その父クリスタルグリッターズ)の牡6歳黒鹿毛馬、愛知・藤ヶ崎一人厩舎の管理馬。通算成績62戦28勝、6度目の重賞挑戦で重賞初制覇。


●●平成24年度南関東地区の期間限定騎乗騎手決まる●●

 平成24年度南関東地区の他地区からの期間限定騎乗騎手が、関東地方公営競馬協議会から発表された。

(大井)
服部茂史(北海道) 平成24年11月25日~平成25年1月25日
吉田稔(名古屋) 平成24年4月9日~6月8日

(川崎)
村上忍(岩手) 平成25年1月21日~3月22日
吉原寛人(金沢) 平成24年4月2日~6月1日
桑村真明(北海道) 平成24年12月3日~平成25年2月1日
持原大志(名古屋) 平成24年6月11日~9月11日

(船橋)
山口竜一(北海道) 平成24年11月25日~平成25年1月25日
米倉知(金沢) 平成25年1月7日~3月8日
大柿一真(兵庫) 平成24年6月4日~8月10日

(浦和)
東川公則(笠松) 平成24年5月28日~7月28日
五十嵐冬樹(北海道) 平成24年11月19日~平成25年1月18日


●●福山競馬でファイナルグランプリのファン投票実施●●

 3月25日(日)福山競馬場で行われる第5回ファイナルグランプリ(中国・四国交流 1800m)のファン投票が、2月25日(日)から3月3日(土)までオッズパークホームページ、そして3月4日(日)、先着1000名を対象に福山競馬場で行われる。ファン投票対象馬は、昨年4月1日から今年2月13日までの収得賞金上位30頭、レースはファン投票上位9頭に加え、四国地区からの招待馬1頭で行われる。

(NAR、福山けいばHP参照)