2月 6日(月)「森泰斗騎手(船橋)、JRA初勝利」他 [全国競馬情報]
2012/02/06(月) 14:53


●●森泰斗騎手(船橋)、JRAで初勝利をマーク●●

 船橋競馬の森泰斗騎手が、4日(土)の東京2レースでユーロビートに騎乗して勝ち、JRAでの騎乗15戦目でJRA初勝利を挙げた。
 森泰斗騎手は1981年1月11日生まれの31歳。1998年に宇都宮競馬でデビューし、2003年からは船橋に移っていた。昨年は169勝を挙げて戸崎圭太騎手、御神本訓史騎手に続く南関東リーディング3位に入り、平和賞(SIII)と東京2歳優駿牝馬(SI)をエンジェルツイートで制している。

<森泰斗騎手のコメント>
「なかなか中央で勝つことができなかったので、JRA初勝利を挙げることができて嬉しいの一言です。(勝利したユーロビートは)ちょっとフワフワと遊ぶところがあると聞いていたので、早めに外に出して、集中させて走らせようと思っていました。抜け出したときの脚は速かったです。
 東京競馬場の馬場は、広くて気持ち良かったです。私自身中央で騎乗する機会があまりなかったのですが、今後は機会を増やしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

(JRA発表などによる)


●●佐賀記念(8日佐賀・JpnIII)の枠順~オオエライジンなど11頭●●

 8日(水)に佐賀競馬場で行われるダートグレード競走=第39回佐賀記念(JpnIII・2000m)の枠順は以下のように決定した。通算11戦10勝、初黒星となった前走兵庫ゴールドトロフィーも3着と健闘した兵庫のオオエライジンは6枠7番から。発走は、8日(水)16時05分の予定。

1枠 1番 ホクセツサンデー(兵庫)    牡4 55 永島太郎
2枠 2番 ハンドシェイク(高知)     牡6 56 永森大智
3枠 3番 ピイラニハイウェイ(JRA)  牡7 56 川田将雅
4枠 4番 マイネルアワグラス(JRA)  牡8 57 柴田大知
5枠 5番 メダリアビート(JRA)    牡6 56 藤田伸二
6枠 6番 タカオノボル(JRA)     牡4 55 武豊
6枠 7番 オオエライジン(兵庫)     牡4 55 木村健
7枠 8番 ヘイアンレジェンド(佐賀)   牡8 56 竹吉徹
7枠 9番 アドマイヤダンク(佐賀)    牡8 56 山口勲
8枠10番 レイズミーアップ(佐賀)   セン8 56 真島正徳
8枠11番 キングトップガン(JRA)   牡9 58 安藤勝己


●●重賞競走の結果(5日)●●

★黒ユリ賞(ばんえい)~ハイカラサンが大接戦を制する

 5日(日)のばんえい帯広競馬場で行われた3歳牝馬の重賞第37回黒ユリ賞(1着賞金70万円・10頭)は、残り30メートル付近で僅かに先頭に立った7番人気のハイカラサン(鈴木恵介騎乗)が、最後まで後続を振り切って勝った。0.2秒差の2着が2番人気だったマゴコロ、さらに0.4秒差の3着が1番人気のニシキウンカイ。1着から7着までが3秒以内にひしめく大接戦だった。
 勝ったハイカラサンは父半血ユミタロウ、母半血アサギリクイン(その父半血アサギリ)という血統で、佐々木啓文調教師の管理馬。通算成績は29戦5勝で、重賞は初挑戦初勝利。


★若駒賞(福山)~クーヨシン、人気に応える

 5日(日)に福山競馬場で行われた3歳馬の重賞第4回若駒賞(1600m・1着賞金60万円・11頭)は、4コーナーで先頭に立った断然人気のクーヨシン(佐原秀泰騎乗)が、3番人気トールキングの追撃をアタマ差抑えて勝った(タイム1分48秒3)。トールキングが2着、7番人気のガラージュが3着だった。
 勝ったクーヨシンは父スターリングローズ、母が福山で活躍したアラブのラピッドリーラン(その父カヅミネオン)という血統の牝馬で、那俄性哲也調教師の管理馬。通算成績は11戦7勝、地元福山では9戦して7勝2着2回と、福山の同世代トップの地位を確たるものとしている。