【京都金杯(GIII)】(京都)~マイネルラクリマ 待望の重賞初V [News]
2012/01/05(木) 16:50


京都11Rの第50回京都金杯(GIIIハンデ、4歳上、芝1600m)は3番人気マイネルラクリマ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒9(良)。1馬身1/4差2着に2番人気ダノンシャーク、さらにクビ差で3着に10番人気アスカトップレディが入った。

マイネルラクリマは美浦・上原博之厩舎の4歳牡馬で、父チーフベアハート、母ティアドロップス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 マイネルラクリマ(松岡騎手)
「今回勝算を持ってこの舞台に来ました。スタミナがあるので、早めのレースでよく勝ってくれました。本当はもっと早く重賞を勝ってもおかしくない馬です」

2着 ダノンシャーク(安藤勝騎手)
「真面目すぎる馬。ゲートはあまりうまくありませんが、いい位置を取るため、馬を出して行きました。そうすると3コーナーで力んで走るようになりました。でも手応えが良かったので、サダムパテックが動くのを待って動こうと思いましたが、相手が中々動いて行きませんでした」

3着 アスカトップレディ(酒井騎手)
「マイルは走りますね。ただ、外枠だったのでうまく壁を作ることが出来ませんでした。本当はあと一つ後ろのポジションからレースを運びたかったですね」

4着 ショウリュウムーン(小牧騎手)
「馬を出して行って理想的なポジションからのレースが出来ましたが…3着は欲しかったですね」

5着 サダムパテック(岩田騎手)
「ゲートはフワッと出して流して行く感じのレース。向正面では、2ハロン過ぎにグッとハミを噛んでしまいました。ただ、マイルを使い続けていけばもっと結果が出ると思います」