【ジュニアC】(中山)~オメガホームランが中団から抜け出す [News]
2012/01/05(木) 15:52


中山9Rのジュニアカップ(3歳オープン、芝1600m)は3番人気オメガホームラン(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(良)。アタマ差2着に9番人気セイクレットレーヴ、さらに1馬身1/4差で3着に1番人気モエレフルールが入った。

オメガホームランは栗東・安田隆行厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ダンスーズデトワール(母の父Highest Honor)。通算成績は4戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 オメガホームラン(三浦騎手)
「ここへ来て成長を感じますし、何より今日は落ち着いていました。終いもしっかり伸びていますし、最後の競り合いも馬に助けられました。この先、いいところ(レース)に進んで行ければいいと思います。現状はマイルくらいが合っていそうですが、とにかく乗りやすい馬です」

2着 セイクレットレーヴ(浜中騎手)
「とてもいい馬です。直線も楽に交わせる感じだったんですが、馬体を併せると耳を絞ってしまって、気難しさが出てしまいました」

3着 モエレフルール(北村宏騎手)
「急かすことなく2番手で折り合って、前の馬を追いかけることなくジンワリといい形で行けたと思ったんですが、一気に交わされてしまいました」

4着 マウントビスティー(石橋脩騎手)
「よく粘っています。この馬のペースで行ければバテないですね。1200mだと忙しいですから、1400mくらいが今はベストでしょうか。左回りの方がより良いかもしれません」

5着 アーカイブ(田辺騎手)
「いいモノを持っていますが、新馬戦と違ってペースが速く、追っつけながらの追走になりました。もう少し距離の長いレースの方がいいかもしれません」