1月2日(月)「12月30日~1月2日、全国各地のレース結果」 [全国競馬情報]
2012/01/02(月) 16:36


 12月30日(金)から1月2日(月)までの年末年始は、全国各地で重賞競走が多数行われた。

●●12月30日(金)●●

・大井競馬場(晴・良)で行われた牝馬限定の第5回東京シンデレラマイル(1600m・16頭)は、12番人気の7歳馬テイエムヨカドー(山田信大騎手)が1分40秒6で差し切り勝ち。頭差2着にハルサンサン、人気のマニエリスムは伸びを欠き3着。テイエムヨカドーはテイエムオペラオー産駒の7歳牝馬、船橋・渋谷信博厩舎の管理馬。通算成績51戦7勝、昨年8月の霧島賞以来の重賞2勝目。

・笠松競馬場(晴・やや重)で行われた2歳馬による第15回ライデンリーダー記念(1600m・9頭)は、直線抜け出したマイネルセグメント(今井貴大騎手)が1分44秒0で勝利。1馬身半差の2着にオグリカーン、7馬身遅れた3着トミシノドラゴン。勝ったマイネルセグメントはアグネスデジタル産駒の2歳馬、愛知・川西毅厩舎の管理馬。通算成績8戦3勝で重賞初制覇。

・はんえい帯広で行われた2歳馬による第13回ヤングチャンピオンシップは、2番人気のブラックボス(松田道明騎手)が勝利し、ナナカマド賞以来の重賞2勝目をあげた。


●●12月31日(土)●●

・大井競馬場(晴・良)で行われた第35回東京2歳優駿牝馬(1600m・16頭)は、2番人気のエンジェルツイート(森泰斗騎手)が人気のエミーズパラダイスを封じて、1分40秒8で逃げ切り勝ち。エンジェルツイートはタイキシャトル産駒の2歳牝馬、大井・森下淳平厩舎の管理馬。通算成績5戦4勝、牡馬相手の平和賞に続いて重賞2連勝を飾った。

・園田競馬場(晴・良)で行われた第40回園田ジュニアカップ(1700・11頭)は、断然人気のポアゾンブラック(松浦政宏騎手)が1分52秒0で逃げ切り、1馬身の2着に牝馬のメイレディが続いた。勝ったポアゾンブラックはマイネルラヴ産駒の牡2歳馬、兵庫・野田学厩舎の管理馬。通算成績は3戦3勝、デビューから無傷の3連勝で重賞初制覇。

・水沢競馬場(曇・不良)で行われた第37回桐花賞(2000m・12頭)は、断然人気の3歳馬カミノヌヴォー(阿部英俊騎手)が、序盤2番手追走から早め先頭でそのまま押し切り2分06秒7で勝利し、3馬身差の2着はコアレスランナー。勝ったカミノヌヴォーはカミノサイレンス産駒の牡3歳馬、岩手・千葉幸喜厩舎の管理馬。通算成績24戦11勝、不来方賞、ダービーグランプリに続き重賞3連勝を飾った。

・笠松競馬場(晴・やや重)で行われた第40回東海ゴールドカップ(1900m・10頭)は、3番手を追走したエイシンフレンチ(岡部誠騎手)が直線抜け出し2分03秒4で圧勝、3馬身差の2着に逃げたマルヨフェニックス、3着シンワコウジ。勝ったエイシンフレンチはフレンチデピュティ産駒の牡6歳馬、笠松・伊藤強一厩舎の管理馬。通算成績31戦6勝、東海菊花賞に続いて重賞2勝目。

・高知競馬場(晴・良)で行われた第42回高知県知事賞(2400m・12頭)は、3番人気のキングサラディン(岡田祥嗣騎手)が2分52秒6で2馬身差の勝利、2着に人気のタンゴノセック。勝ったキングサラディンパラダイスクリーク産駒の牡6歳馬、高知・雑賀正光厩舎の管理馬。通算成績45戦7勝、3歳時以来の重賞出走で初制覇となった。


●●1月2日(月)●●

・水沢競馬場(晴・不良)で行われた3歳馬による第38回金杯(1600m・10頭)は、中団を追走した単勝24740円、9番人気のファイトホーマー(阿部英俊騎手)が徐々にポジションを押し上げ直線抜け出し、1分42秒9で勝利。2着に追い込んだトーホクアローで3着エスプレッソ、人気のアスペクトは7着に敗退。勝ったファイトホーマーはタイキシャトル産駒の牡3歳馬、岩手・瀬戸幸一厩舎の管理馬。通算成績6戦2勝、新馬戦以来の2勝目が嬉しい重賞初制覇。

・名古屋競馬場(晴・良)で行われた第11回尾張名古屋杯(1600m・11頭)は、人気のハートオブストーン(丸野勝虎騎手)が1分44秒5で接戦を制し、頭差2着がセイピーシーズ、さらに頭差3着ミルリュユッテ。勝ったハートオブストーンはサッカーボーイ産駒のセン馬5歳、愛知・藤ヶ崎一男厩舎の管理馬。通算成績38戦19勝、重賞初挑戦で初制覇。

・ばんえい帯広で行われた第34回帯広記念は、2番人気の10歳馬カネサブラック(松田道明騎手)が勝利し、通算65勝目、重賞17勝目で帯広記念初制覇を飾った。