【元町S】(阪神)~リッカロイヤルが先団から抜け出す [News]
2011/12/24(土) 16:12


阪神10Rの元町ステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は、6番人気リッカロイヤル(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒8。半馬身差の2着に5番人気ワンダームシャが、半馬身差の3着に2番人気リフトザウイングスがそれぞれ入線。

リッカロイヤルは栗東・須貝尚介厩舎の6歳牡馬で、父シーロ、母エトアールピオン(母の父デインヒル)。通算成績は23戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 リッカロイヤル 福永祐一騎手
「返し馬ではトモの入りが浅いと思いましたが、大丈夫でした。レースもうまく運べました」

2着 ワンダームシャ 幸英明騎手
「マイペースで自分のレースができました。ただ、着差が少ないだけに悔しいですね。でも、このクラスでは上位の力を持っていると思いますので、すぐにチャンスは回ってくるでしょう」

3着 リフトザウイングス C.ルメール騎手
「勝ち馬の後ろからレースをして、直線も気を抜くことなく走ってくれました。いい内容だったと思います」

4着 ムスカテール C.ウィリアムズ騎手
「ゲートでうるさい面を見せて、スタートで後手を踏んでしまいました。その結果、位置取りが悪くなり、力を余して負ける形になってしまい、関係者には申し訳ないレースをしてしまいました」