2011年度の「民放競馬記者クラブ賞」は嶋田純次騎手 [News]
2011/12/22(木) 18:55


 2011年度の「民放競馬記者クラブ賞」は嶋田純次騎手(美浦・手塚貴久厩舎)に決まった。授賞式は2012年1月5日(木)に第1回中山競馬初日の昼休み(4レース終了後)に中山競馬場で行われる。

★民放競馬記者クラブ賞
 嶋田純次(しまだ じゅんじ)騎手<美浦・手塚貴久厩舎>
<受賞理由>
 デビュー初日の中山1レースでワイズアンドクールに騎乗し、競馬学校卒業生として初の中山競馬場での初騎乗、初勝利を達成したこと。また、積極的な騎乗で東西の新人で最も多い17勝(12月18日現在)を挙げたこと。

~嶋田純次騎手のコメント~
「手塚先生をはじめ馬主の方々、厩舎スタッフや牧場のみなさんのおかげで、たくさんいい馬に乗せていただき、この賞をいただけてとても光栄です。もっと勝たなくてはいけなかったのですが、この賞に恥じないよう、来年はもっと勝ち星を重ねていきますので、これからも応援の程よろしくお願いします。」

※民放競馬記者クラブ賞は、毎年最も優秀な成績を残した関東の新人騎手に贈られている。

(JRA発表のリリースによる)