【愛知杯】(小倉)~フミノイマージンが重賞3勝目 [News]
2011/12/18(日) 16:32


小倉11Rの愛知杯(3歳以上GIII・牝馬・芝2000m)は、2番人気フミノイマージン(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒4。半馬身差の2着に9番人気ブロードストリートが、3/4馬身差の3着に3番人気コスモネモシンがそれぞれ入線。

フミノイマージンは栗東・本田優厩舎の5歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母シンコウイマージン(母の父Dixieland Band)。通算成績は21戦7勝となった。

レース後のコメント
1着 フミノイマージン 太宰啓介騎手
「小回りなので早めに動きました。そのぶん最後は遊ぶところがありましたが、ここでは力が違いました。前走よりも馬がよくなっていますし、今日は負けられない気持ちでした。来年がとても楽しみです」

2着 ブロードストリート 鮫島良太騎手
「スタートもよく、無理をしないで良い位置が取れましたし、スムーズな競馬ができました。最後はよく伸びていますし、走る力はまだまだあります」

3着 コスモネモシン 丹内祐次騎手
「2000mという距離が少し心配でしたが、うまくこなしてくれました。道中もうまく前の馬を捌いてきたのですが、今日は勝った馬が強かったですね」

4着 レーヴディソール 福永祐一騎手
「馬はまだまだですね。返し馬の感じはいい頃と比べて柔らかさもいまひとつですし、トモの入りもまだまだといった感じでした。それでも最後はよく来ていますし、これから無事に行ければ必ず戻ってくると思います」

7着 エスピナアスール 平野優騎手
「1コーナーで外を回らされましたが、今日は折り合いもついて、4コーナーで外から上がっていくときに脚を使ってくれました。まだ準オープンの馬ですし、それを考えればよくがんばっていると思います」