LJS2011第1ステージ、岩永千明騎手が首位 [News]
2011/11/14(月) 17:19


 日本の女性騎手ナンバーワンを3ラウンド6レースで決めるシリーズ戦「レディースジョッキーズシリーズ(LJS)2011」は14日(月)、開幕戦となる第1ラウンドが盛岡競馬場で実施された。

 結果、第1戦の「アルテミス賞」は山本茜騎手(愛知)が乗る1番人気のモエレアンドロメダが、第2戦の「ガイア賞」は岩永千明騎手(荒尾)が乗る4番人気のサイレントステージが勝利。2戦をそれぞれ5着、1着として計25ポイントを獲得した岩永千明騎手(荒尾)が盛岡ラウンドの覇者となったと同時に、シリーズ優勝争いのトップに立った。2位に同ポイントながら1着がなく2戦で2着、3着だったJRAの増澤由貴子騎手、3位に1着、6着だった愛知の山本茜騎手が23ポイントで続いている。

 第2ラウンドは12月1日(木)に荒尾競馬場で第2ラウンドの第3戦「アテナ賞」と第4戦の「デメテル賞」が、12月19日(月)に福山競馬場で第3ラウンドの第5戦「アフロディテ賞」、第6戦「ニケ賞」が予定されている。

<LJS2011途中経過=第1ラウンド終了時>
1位 岩永千明(荒尾)   25P
2位 増澤由貴子(JRA) 25P
3位 山本茜(愛知)    23P
4位 別府真衣(高知)   22P
5位 皆川麻由美(岩手)  15P
6位 下村瑠衣(北海道)  10P

※ポイントは1着20P、2着15P、3着10P、4着7P、5着5P、6着3P
※同点だった場合は、より上位の着順を得た騎手を上位にとる

(NARリリースなどを参考にした)