【メイクデビュー】(京都4R、5R) [News]
2011/11/05(土) 14:39


京都4Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、ダート1200m)は8番人気ワイドバッハ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒4(良)。2馬身1/2差2着に1番人気イーグルタイム、さらにクビ差で3着に7番人気ラプターフィリーが入った。

ワイドバッハは栗東・庄野靖志厩舎の2歳牡馬で、父アジュディケーティング、母グリーンヒルレッド(母の父スキャン)。

~レース後のコメント~
1着 ワイドバッハ(藤岡佑騎手)
「調教で時計は出ていたものの、追ってからがフワフワという感じでした。ですから、最終追いでしっかりやったことが結果に繋がったのではと思います。砂を被りながらいい内容のレース、次はもっと良くなってきそうです」

2着 イーグルタイム(北村友騎手)
「素直で乗りやすい馬。初戦としては合格点です」

3着 ラプターフィリー(小牧騎手)
「スタートで少し遅れましたが、いい脚ですね。流れも向きました。それ以上にダートの適性ですね」


京都5Rのメイクデビュー京都(2歳新馬、牝馬限定、芝1600m)は7番人気フレイムコード(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(良)。1馬身3/4差2着に2番人気プリュム、さらに2馬身差で3着に6番人気オードゥルルドが入った。

フレイムコードは栗東・谷潔厩舎の2歳牝馬で、父タヤスツヨシ、母シマノラピス(母の父オペラハウス)。

~レース後のコメント~
1着 フレイムコード(北村友騎手)
「ゲートの出は速く、道中2番手からスムースに回って行けました。手応えが良く、追ってからはその手応え通りに反応してよく伸びてくれました。まだレースに余裕があり、一杯一杯の競馬ではありませんでした。少しテンションが高いので、次もこれくらいのテンションであればいいと思います」

(谷潔調教師)
「少しカリカリしている馬です。次のレースは放牧に出してから考えます」

2着 プリュム(和田騎手)
「交わせそうな手応えがあったのですが、ペースが遅く、前にいた馬は楽をしていましたね。また、ハミにモタれる面があり、もう一つギアが入りそうでいてモタモタしたところがありました」