10月31日(月)「JBC3競走、枠順決まる」他 [全国競馬情報]
2011/10/31(月) 17:15


●●JBCクラシック(11月3日大井・JpnI・2000m)の枠順●●

 11月3日(木・祝)に大井競馬場で行われる第11回JBCクラシック(JpnI・2000m・1着賞金8000万円)の枠順は以下の通り。トランセンドは7枠9番、スマートファルコンは隣の7枠10番に入った。去年の日本テレビ盃以来の直接対決、この1年でダート界のトップクラスに昇りつめた両雄がどんな戦いを見せるか。発走は3日(木・祝)20時10分の予定。

1枠 1番 シビルウォー(JRA)      牡6 57 吉田豊
2枠 2番 サイレントスタメン(川崎)    牡5 57 金子正彦
3枠 3番 フィールドルージュ(JRA)   牡9 57 酒井学
4枠 4番 アプローチアゲン(高知)     牡7 57 永森大智
5枠 5番 ボンネビルレコード(大井)    牡9 57 的場文男
5枠 6番 タガノサイクロン(兵庫)     牡8 57 木村健
6枠 7番 スウィングベル(高知)      牝4 55 宮川実
6枠 8番 コロニアルペガサス(笠松)    牝4 55 吉井友彦
7枠 9番 トランセンド(JRA)      牡5 57 藤田伸二
7枠10番 スマートファルコン(JRA)   牡6 57 武豊
8枠11番 グランシュヴァリエ(高知)    牡6 57 本橋孝太
8枠12番 テラザクラウド(大井)      牡4 57 今野忠成


●●JBCスプリント(11月3日・大井・JpnI・1200m)の枠順●●

 3日(祝・木)の大井競馬場で行われる第11回JBCスプリント(JpnI・1200m・1着賞金6000万円)の枠順は以下の通り。東京盃を制して2年ぶりの王座返り咲きを狙うスーニは6枠11番、連覇に挑むサマーウインドは1枠1番、笠松の星ラブミーチャンは4枠6番に入った。発走は3日(木・祝)19時25分の予定。

1枠 1番 サマーウインド(JRA)    牡6 57 藤岡佑介
2枠 2番 ポートジェネラル(高知)    牡8 57 永森大智
2枠 3番 ダイワメンフィス(高知)  セン10 57 宮川実
3枠 4番 パフォーマンス(北海道)    牡3 56 川島洋人
3枠 5番 ジーエスライカー(大井)    牡4 57 坂井英光
4枠 6番 ラブミーチャン(笠松)     牝4 55 濱口楠彦
4枠 7番 ナイキマドリード(船橋)    牡5 57 川島正太郎
5枠 8番 テンジンミナトオー(大井)   牡7 57 石崎隆之
5枠 9番 オーロマイスター(JRA)   牡6 57 吉田豊
6枠10番 セレスハント(JRA)     牡6 57 福永祐一
6枠11番 スーニ(JRA)        牡5 57 川田将雅
7枠12番 セイクリムズン(JRA)    牡5 57 幸英明
7枠13番 ブリーズフレイバー(大井)   牡4 57 繁田健一
8枠14番 ニシノコンサフォス(愛知)  牡11 57 阪野学
8枠15番 ダッシャーゴーゴー(JRA)  牡4 57 横山典弘 


●●JBCレディスクラシック(11月3日・大井・1800m)の枠順●●

 11月3日(木・祝)に大井競馬場で行われる第1回JBCレディスクラシック(新設重賞・1800m・1着賞金4000万円)の枠順は以下の通り。日本ダート界の初代女王を決める戦いに、以下の13頭が出走する。発走は3日(木・祝)18時40分の予定。

1枠 1番 エーシンクールディ(愛知)  牝5 55 岡部誠
2枠 2番 ツクシヒメ(船橋)      牝5 55 山田信大
3枠 3番 テイエムヨカドー(船橋)   牝7 55 森泰斗
4枠 4番 ミラクルレジェンド(JRA) 牝4 55 岩田康誠
4枠 5番 パールシャドウ(JRA)   牝5 55 横山典弘
5枠 6番 トウホクビジン(笠松)    牝5 55 本橋孝太
5枠 7番 カラフルデイズ(JRA)   牝3 53 福永祐一
6枠 8番 ラヴェリータ(JRA)    牝5 55 武豊
6枠 9番 ブラボーデイジー(JRA)  牝6 55 北村友一
7枠10番 ウェディングフジコ(JRA) 牝7 55 吉田豊
7枠11番 スターオブジュリア(大井)  牝4 55 戸崎圭太
8枠12番 マトリックストート(大井)  牝6 55 赤嶺亮
8枠13番 ギンガセブン(高知)     牝4 55 水野貴史 


●●九州ジュニアグランプリ(28日・荒尾)はガルホーム圧巻のレコードV●●

 28日(金)に稍重馬場の荒尾競馬場で行われた「未来優駿」シリーズの重賞=第32回九州ジュニアグランプリ(スクワートルスクワート賞、1500m・1着賞金200万円・11頭)は、単勝元返しの支持を集めたガルホーム(真島正徳騎乗)が逃げて後続を8馬身突き放す圧勝で人気に応えた。勝ちタイムは1分37秒0で、2008年にギオンゴールドがマークしたレコードを0秒7更新している。8馬身差の2着が3番人気イッツマイプレジャ、さらに大差がついて3着に2番人気シゲルクルミが続いた。

 勝ったガルホームは父ケイムホーム、母アイディアルクイン(その父アスワン)という血統の牡馬で、真島元徳調教師の管理馬。唯一の敗戦はJRAに遠征したフェニックス賞(8着)で、地方では4戦4勝と未だに敗れていない。


●●北見記念(30日・ばんえい)はギンガリュウセイ●●

 30日(日)にばんえい帯広競馬場で行われた第32回北見記念(1着賞金70万円・10頭)は、2番人気のギンガリュウセイ(鈴木恵介騎乗)が2分39秒5のタイムで勝って3連勝を達成した。1秒2差の2着が1番人気カネサブラック、3着にフクドリが入っている。

 勝ったギンガリュウセイは父が半血ナンエイホマレ、母が半血北富士(その父ペル系ダイニカイリキ)という血統の7歳セン馬で、久田守調教師の管理馬。通算成績は139戦39勝で重賞は初制覇。今年9月以降は6戦して5勝2着1回と勢いに乗っている。


●●福山2歳優駿(31日・福山)はクーヨシン●●

 31日(月)に稍重馬場の福山競馬場で行われた「未来優駿」シリーズの2歳重賞第4回福山2歳優駿(1250m・1着賞金250万円・9頭)は、2番手につけていた1番人気のクーヨシン(佐原秀泰騎乗)が4コーナーで先頭に立って押し切り、単勝1.1倍の支持に応えた(タイム1分22秒9)。3馬身差の2着が2番人気トールキング、3着には後方から追い込んだ5番人気カンピオーネロサが入った。

 勝ったクーヨシンは父スターリングローズ、母がアラブ系のラピッドリーラン(その父カヅミネオン)という血統の牝馬で、那俄性哲也調教師の管理馬。通算成績は6戦5勝2着1回で重賞は初勝利。母のラピッドリーランは2006年のタマツバキ記念アラブ大賞典を制するなど、通算72戦30勝という活躍を見せた福山アラブの名牝だった。


●●主な2歳戦の結果●●

<盛岡>
★29日(土)に行われた特別戦の知床賞(ダート1400m・12頭)は、1番人気のアスペクト(櫻田浩三厩舎、山本政聡騎乗)が逃げて7馬身差で圧勝した。父ティンバーカントリー、母アプローズフラワー(その父ロイヤルスキー)という血統の牡馬で通算10戦6勝(うちJRA1戦0勝)。

★30日(日)のJRA認定未勝利戦ホープフル(芝1600m・10頭)は、1番人気のリフレイン(佐藤祐司厩舎、菅原俊吏騎乗)が接戦を制して7戦目で初勝利を挙げた。父アドマイヤジャパン、母ナイトレインボー(その父グラスワンダー)という血統の牝馬。

★31日(月)のJRA認定未勝利戦ホープフル(ダート1400m牝馬限定・8頭)は、1番人気のエトセトラ(櫻田浩三厩舎、南郷家全騎乗)が勝った。父フジキセキ、母リーガルウェイズ(その父Danzig)という血統で8戦目での初勝利。

<船橋>
★28日(金)に船橋競馬場で行われたJRA認定新馬戦(1000m・7頭)は2番人気のリバティパワー(柿本政男厩舎、脇田創騎乗)が勝った。父スタチューオブリバティ、母パワートップレディ(その父アジュディケーティング)という血統の牝馬。

<大井>
★30日(日)に新馬戦が2鞍組まれ、第1レース(1200m・出走8頭)では3番人気のキングパワー(佐野謙二厩舎、柏木健宏騎乗)が勝った。父キングカメハメハ、母キャッチアップ(その父アフリート)という血統の牡馬。

★第2レース(1200m・10頭)では1番人気のポルトヴェーネレ(澤佳宏厩舎、戸崎圭太騎乗)が勝った。父スウェプトオーヴァーボード、母イエロードクター(その父スピニングワールド)という血統の牡馬。

★31日(月)にも新馬戦が2鞍行われ、第1レース(1400m・7頭)では4番人気のノアジャック(鷹見浩厩舎、有年淳騎乗)が勝った。父タヤスツヨシ、母シャコーアデル(その父アジュディケーティング)という血統の牡馬。

★第2レース(1600m・9頭)では3番人気のアートサハラ(荒山勝徳厩舎、真島大輔騎乗)が5馬身差で快勝した。父マンハッタンカフェ、母アートロマン(その父ラシアンルーブル)という血統の牡馬。