【紅葉S】(東京)~ヒットジャポット 直線半ばで抜け出す [News]
2011/10/29(土) 16:37


東京11Rの紅葉ステークス(3歳上1600万下、芝1600m)は1番人気ヒットジャポット(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0(良)。1/2馬身差2着に5番人気アスカクリチャン、さらに1馬身3/4差で3着に2番人気プレイが入った。

ヒットジャポットは栗東・領家政蔵厩舎の4歳牡馬で、父フジキセキ、母タイキトゥインクル(母の父リアルシヤダイ)。通算成績は15戦5勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ヒットジャポット(松岡騎手)
「条件が合っていたとは言え、強かったです。体調は普通でした。抜け出してからは遊んでいました。走る馬です」

2着 アスカクリチャン(北村宏騎手)
「折り合いもついていたし、上手に走ってくれました。惜しかったです」

4着 エイシンサクセス(後藤騎手)
「馬群がバラけてしまい、前半、掛かってしまいました。その分、終いが甘くなってしまいました」

6着 ケニアブラック(蛯名騎手)
「いい感じでも伸び切れません。背中は良くなってきましたが、まだトモが流れている感じです」

8着 キッズニゴウハン(田辺騎手)
「返し馬の時からいつもの感じがありませんでした。ガッと来るところがありませんでした。前回が良かったので余計に物足りない感じでした」