【メイクデビュー】(東京5R、6R) [News]
2011/10/29(土) 15:34


東京5Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、牝馬限定、芝1400m)は1番人気トーホウジュリア(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒6(良)。1馬身3/4差2着に2番人気ローズノーブル、さらに1/2馬身差で3着に7番人気スノークラフトが入った。

トーホウジュリアは美浦・田中清隆厩舎の2歳牝馬で、父メイショウボーラー、母トーホウアモーレ(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 トーホウジュリア(蛯名騎手)
「スタートが速すぎて1頭になったのでフワフワしていましたが、自分のリズムで走れました。他の馬が来たら伸びました。いい内容でした」

5着 エバールージュ(後藤騎手)
「前に行きたいタイプなので、スタートで出負けしたのは痛かったです。終いは伸びてはいますが、スタートがすべてです」

7着 プロヴォカーレ(田辺騎手)
「スタートからのんびりと走っていました。反応はいいし、終いはそれなりに伸びています。気性的にはもう少し長い距離がいいです」


東京6Rのメイクデビュー東京(2歳新馬、ダート1400m)は1番人気トウショウブーム(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒7(良)。4馬身差2着に3番人気クレバーデステニー、さらにクビ差で3着に9番人気アドバンスコンドルが入った。

トウショウブームは美浦・阿部新生厩舎の2歳牡馬で、父メイショウボーラー、母マタハリトウショウ(母の父エアジハード)。

~レース後のコメント~
1着 トウショウブーム(丸山騎手)
「相当能力のある馬です。スタートからまったく抜かずにひと息で走り切ってしまいました。今後は、調教からメリハリをつけて走ることを教えてあげる必要があるでしょうね。ただ、乗りやすくていい馬です」

2着 クレバーデステニー(田辺騎手)
「調教から一度ムキになると一気に行ってしまうところがあったので、出来ればじっくりタメる競馬をしたいと思っていました。この形になればしっかりと伸びると分かりましたし、次もこういう競馬が出来ればと思います」