【菊花賞】(京都)~オルフェーヴルが制し、史上7頭目の三冠馬に [News]
2011/10/23(日) 17:53


京都11Rの菊花賞(3歳GI・芝3000m)は、1番人気オルフェーヴル(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分02秒8。2馬身半差の2着に2番人気ウインバリアシオンが、1馬身3/4差の3着に3番人気トーセンラーがそれぞれ入線。

オルフェーヴルは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母オリエンタルアート(母の父メジロマックイーン)。通算成績は10戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 オルフェーヴル 池添謙一騎手
「とにかくホッとしました。中間の報道で三冠濃厚という記事がたくさんありましたからね。今日は返し馬からいいリズムで、道中で使うブレーキの確認もできました。レースでは3コーナーの下りに注意しました。道中はずっと折り合いを欠いていましたが、前走の神戸新聞杯の経験が生きましたね。最後、後ろから差されることはないと思っていたので、前の馬を見ながら自信を持って行きました。直線は抜けても止まることはないと思っていたので、勝ちを確信しました。本当に強いですね。夢が広がります」

2着 ウインバリアシオン 安藤勝己騎手
「オルフェーヴルに勝つなら、内容にこだわっていくしかないと考えてレースに臨みました。でも4コーナーで離されてしまいました。最後は何度も詰まりながらよく伸びています。この馬はまだ成長途上ですし、これからもっと力をつけてくれると思います」

3着 トーセンラー 蛯名正義騎手
「本当によくがんばってくれました。4コーナーまでは万全で、うまくオルフェーヴルの後ろにつけることができました。3コーナーの坂で勢いをつけて、という作戦でしたが、この勝ち時計は速いですね。でも、この馬はまだまだよくなりますよ」

4着 ハーバーコマンド 木村健騎手
「もっと馬を出して行くつもりでしたが、ゲートで少し難しい面を見せたので、あの位置からになりました。道中も少し折り合いを欠いていましたし、ポンと出ていればもっと上の着順を狙えたと思います」

6着 ゴットマスタング 国分恭介騎手
「格上挑戦でしたが、最後はいい脚を見せてくれました。4コーナーで詰まる不利がありましたが、あれがなければ5着はあったかもしれません」

17着 ベルシャザール 後藤浩輝騎手
「前半から折り合いを欠いて、舌を巻き込むような形になり、向正面でガス欠になってしまいました。状態がよくなっていただけに残念です」