10月20日(木)「第11回JBC競走の出走馬が決定」ほか [全国競馬情報]
2011/10/20(木) 16:36


●●第11回JBC競走の出走馬が決定●●

 11月3日(祝・木)大井競馬場で行われる第11回JBC各競走(レディスクラシックのみ第1回)の出走馬が決定した。27日(木)までにJRA選定馬が回避した場合、JRAの補欠馬が順位に従って繰り上がり、30日(日)の出走投票までに選定馬が回避した場合、地方補欠馬が順位に従って繰り上がる。最終的な出走馬、騎手、枠順は30日(日)に決定する(騎手名の無い馬は、現時点で騎手未定)。

●JBCレディスクラシック(16頭)

・JRA所属選定馬(6頭)
ウェディングフジコ  吉田豊騎手
カラフルデイズ    福永祐一騎手
パールシャドウ    横山典弘騎手
ブラボーデイジー   
ミラクルレジェンド  岩田康誠騎手
ラヴェリータ     武豊騎手
※補欠馬は順に、プレシャスジェムズ、ポルカマズルカ、シンメイフジ、ダートムーアの4頭。

・地方所属選定馬(10頭)
クラーベセクレタ
コールニーシュ
ツクシヒメ
テイエムヨカドー
トーセンエッセンス
マニエリスム
ナターレ
エーシンクールディ
トウホクビジン
ギンガセブン
※補欠馬は順にミステリアスバイオ、ニチドウダイヤ、ダンスピース、スターオブジュリアの4頭。

●JBCスプリント(16頭)

・JRA所属選定馬(6頭)
オーロマイスター  吉田豊騎手
サマーウインド   藤岡佑介騎手
スーニ
セイクリムズン   幸英明騎手
セレスハント
ダッシャーゴーゴー 横山典弘騎手
※補欠馬は順に、ティアップワイルド(石橋脩騎手)、ドスライス、ケイアイガーベラ、シルクフォーチュン、アナモリの5頭。

・地方所属選定馬(10頭)
パフォーマンス
テイエムカゲムシャ
ナイキマドリード
サブノケンシロウ
ジーエスライカー
ブリーズフレイバー
モアザンスマート
ラブミーチャン   濱口楠彦騎手
ニシノコンサフォス
ポートジェネラル
※補欠馬は順にテンジンミナトオー、ダイワメンフィスの2頭。

●JBCクラシック(15頭)

・JRA所属選定馬(6頭)
エスポワールシチー
シビルウォー    吉田豊騎手
シャドウゲイト
スマートファルコン 武豊騎手
トランセンド
フィールドルージュ
※補欠馬は順に、テスタマッタ、ゴルトブリッツ、クリールパッション(津村明秀騎手)、フリソの4頭。

・地方所属選定馬(9頭)
フリオーソ
テレザクラウド
ボンネビルレコード
サイレントスタメン
コロニアルペガサス
タガノサイクロン  木村健騎手
アプロ-チアゲン
グランシュヴァリエ
スウィングベル

(JBCニュースリリースによる)


●●各地の重賞競走の結果●●

・埼玉栄冠賞(浦和)はボランタスが接戦を制す

 19日(水)浦和競馬場(曇・やや重)で行われた第21回埼玉栄冠賞(1900m・11頭)は、後方追走から向正面で動いて2番手まで押し上げたボランタス(山崎誠士騎手)が、カキツバタロイヤルをアタマ差押さえて勝利、勝ち時計は2分02秒3。1馬身差の3着には逃げた伏兵ケイアイライジンが粘っている。

 勝ったボランタスは父ティンバーカントリー母ブライダルスイート(その父サンデーサイレンス)の牡7歳栗毛馬、川崎・山崎尋美厩舎の管理馬。通算成績28戦8勝、昨年のゴールドカップ、今年年明けの報知オールスターカップ以来の重賞3勝目。


・瑞穂賞(門別)はリフレックス2馬身差V

 19日(水)門別競馬場(晴・良)で行われた第44回瑞穂賞(1800m・12頭)は、中団を進んだリフレックス(井上俊彦騎手)が直線抜け出し、1分54秒5で2着マキノスパークに2馬身差の勝利。アタマ差3着ゲイルバニヤン、先行した人気のクラキンコは6着に終わった。

 勝ったリフレックスは父グランデラ母ドンセーリャ(その父ジェネラス)の牡6歳栗毛馬、北海道・原孝明厩舎の管理馬。通算成績20戦5勝、赤レンガ記念に続いて重賞2勝目。


・兵庫若駒賞(園田)は牝馬メイレディが5馬身差の圧勝

 20日(木)園田競馬場で行われた第4回兵庫若駒賞(1400m・9頭)は、2番手を進んだ人気の牝馬メイレディ(下原理騎手)が早めに勝負を決め、独走の5馬身差圧勝を飾った。勝ち時計は1分30秒9、2着はケンスターハーバー、3着ハクサンドリーム。

 勝ったメイレディは父ジェニュイン母ゴッドエンジェル(その父ラムタラ)の牝2歳黒鹿毛馬、兵庫・保利良次厩舎の管理馬。通算成績5戦2勝、デビュー戦以来の2勝目が重賞初制覇となった。


●●その他、主な2歳戦(特別戦)の結果●●

・18日(火)

 門別競馬場で行われたケイムホーム賞(1200m・12頭)は、最後方から直線だけでまとめて差し切ったスパイキュール産駒のカンタベリーナイト(黒澤愛斗騎手)が1分14秒0で勝って2勝目をあげた。

 浦和競馬場で行われたフレッシュハーモニー特別(1600m・7頭)は、シルヴァーチャーム産駒のシビルアイバー(左海誠二騎手)が1分46秒8で逃げ切り3勝目。

 金沢競馬場で行われた牝馬限定のストック特別(1400m・7頭)は、キングヘイロー産駒のジュウワンブライト(吉原寛人騎手)が1分31秒4で3馬身差の圧勝で2勝目。

・19日(水)

 門別競馬場で行われたヤングチャレンジカップ1(1200m・14頭)は、ムーンバラッド産駒のゲンキ(五十嵐冬樹騎手)が1分13秒5で差し切り勝ち、大接戦を制して2勝目。


●●LJS2011出場予定騎手が決定●●

 3競馬場、計6戦で優勝を決める「レディースジョッキーズシリーズ2011」の出場予定騎手6名が決定した。出場予定騎手は増澤由貴子(JRA)、山本茜(愛知)、下村瑠衣(北海道)、別府真衣(高知)、皆川麻由美(岩手)、岩永千明(荒尾)の6名。

 11月14日(月)に盛岡競馬場で第1ラウンド2戦、12月1日(木)に荒尾競馬場で第2ラウンド2戦、12月19日(月)に福山競馬場で第3ラウンド2戦、計6戦の合計ポイントにより優勝を決める。

(NAR地方競馬全国協会HPによる)