【菊花賞】栗東レポート~ウインバリアシオン [News]
2011/10/19(水) 17:10


23日(日)京都競馬場で行われる菊花賞(GI)に出走を予定するウインバリアシオン(牡3 栗東・松永昌博)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ウインバリアシオンについて松永昌博調教師

「追い切りは安藤勝己騎手に任せました。追いかけて先着、いい追い切りだったのではないでしょうか。動き自体は前走よりも良かったと思います。満点です。

前走はプラス18キロ、ダービーのときに減っていましたから太目感はありませんでした。この馬としても走っているのですが、それ以上に相手が強かったですね。(逆転は?の問いに)距離が延びてどうなるか、だと思います。

春は爪に不安がありましたが、今は大丈夫。折り合いも問題ないので3000mの距離も心配していません。何とかいい結果を出してもらいたいです」

●ウインバリアシオンについて安藤勝己騎手

「追い切りは至って順調、前走より良くなっていると思います。早めに動いて終いまでしっかりしていました。順調にここまで来ています。

前走は超スローで、オルフェーヴルを見る形になりました。相手に分のある流れになったように思いますね。3000mの距離は問題ないと思っています。利口な馬で、多少行きたがってもすぐ落ち着きます。乗りやすい馬ですから、大丈夫だと思います。精神的には春の時点でどっしりしていましたが、歩様が夏を越してしっかりしてきました。

確かに前走を見るとオルフェーヴルは強いですが、自分の競馬をして力を出し切れば。先週までの競馬を見る限りでは、枠は内側が欲しいですね。チャンスが無いわけではないと思っています。三冠目、なんとか1着になれたらいいですね」

(取材:小塚歩)