【菊花賞】栗東レポート~オルフェーヴル [News]
2011/10/19(水) 17:08


23日(日)京都競馬場で行われる菊花賞(GI)に出走を予定するオルフェーヴル(牡3 栗東・池江泰寿)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●オルフェーヴルについて池江泰寿調教師

「追い切りは池添騎手が騎乗して、坂路で2頭併せ。動きは良かったです。前走も八分くらい仕上がっていましたが、それと比べても同様かそれ以上の仕上がりだと思います。ラスト1ハロンはいい切れを見せていました。

前走は成長分と少しの余裕で、プラス16キロの馬体重でした。こちらが思った以上に強い内容で、好位で折り合いをつけて流れに乗れたのは大きな収穫です。今回は京都の3000m、特にこの馬のような幼くて激しい気性の馬は特に乗り難しいコースだと思います。そのあたりが課題だと思いますね。デビュー戦に比べれば大人になったと思いますが、まだまだやんちゃで荒削り。それでも、そこがこの馬の魅力だと思っています。

父のステイゴールドは、菊花賞で残念な結果に終わりました。でも母の父のメジロマックイーンは菊花賞馬。(父の厩舎で育った)その血を受け継いでいますから、思い入れは余計に強くなりますよね。

なかなか(三冠挑戦という)経験はできませんから、本当に感謝しています。多くのファンが望むことは理解していますし、その期待に何とか応えたいです。菊花賞までしっかりと、天命を信じて人事を尽くすだけだと思っています」

●オルフェーヴルについて池添謙一騎手

「併せ馬はいつもと同じで、先週しっかり追っていますが、お釣りを残さないように今週もしっかりやるようにとの指示でした。折り合いもついていましたし、終いの反応も良かったです。前回は休み明けで多少余裕残しに感じましたが、一度使って今回は中身も良くなっているように思います。

前走は、本番が3000mということで折り合いやリズムを考えていました。何とか我慢してくれていましたし、直線も反応がよかったですからね。トライアルとしては良かったのではないでしょうか。春の時点はまだトモに緩さがありましたが、順調に夏を越して逞しくなってきました。

この馬はとにかく折り合いが一番。今回は3000mで、3コーナーの坂の下りも2回ありますし、正面スタンドも通過します。その辺がポイントになると思います。

春は2冠を取らせてもらって、三冠に挑めるのは騎手として嬉しく思います。その中に責任もプレッシャーも感じます。簡単には三冠は取れないでしょうが、この馬なら取れるし取らなければいけないと思います。ぜひ競馬場に足を運んでもらって、オルフェーヴルを応援していただきたいです」

(取材:小塚歩)