【デイリー杯2歳S】(京都)~クラレントが2連勝で重賞初V [News]
2011/10/15(土) 16:58


京都11Rのデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・芝1600m)は、4番人気クラレント(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒9。半馬身差の2着に1番人気ダローネガが、2馬身差の3着に3番人気ゲンテンがそれぞれ入線。

クラレントは栗東・橋口弘次厩舎の2歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 クラレント 小牧太騎手
「本当に切れました。正直、新馬を勝ち上がったばかりでどうかと思いながらのレースでしたが、この勝利でレースの幅が広がりました。追い切りはあまり動かない馬ですが、放牧先から戻ってきてトモがしっかりしていました。乗り味のいい馬ですよ」

2着 ダローネガ 岩田康誠騎手
「ゲート内で横を向いたときにスタートが切られました。出遅れてしまいましたが、最後はすごい脚を使ってくれました」

3着 ゲンテン 福永祐一騎手
「道中力んで走っていました。2~3番手でレースを進めたかったのですが、抑えがききませんでした」

4着 メイショウハガクレ 川田将雅騎手
「直線で追い出したら突っ張ってしまい、うまく走ってくれませんでした。前走は真面目に走ってくれたのですが……。能力はあるだけに、真面目に走れればもっと走る馬だと思います」

5着 マコトリヴァーサル 武豊騎手
「いい形のレースになって、追走も楽だったのですが、最後反応が鈍くなりました。前をつかまえることができませんでした」