【札幌2歳S】(札幌)~良血グランデッツァが断然人気に応えて初重賞V [News]
2011/10/01(土) 17:18


札幌11Rの札幌2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は、1番人気グランデッツァ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒8。半馬身差の2着に2番人気ゴールドシップが、クビ差の3着に5番人気マイネルロブストがそれぞれ入線。

グランデッツァは栗東・平田修厩舎の2歳牡馬で、父アグネスタキオン、母マルバイユ(母の父Marju)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 グランデッツァ 秋山真一郎騎手
「勝ててよかったです。マイネルロブストが来たときに並ばれなかったので、そこでいけると思いました。距離がもっと伸びても大丈夫そうですし、今後が楽しみです」

2着 ゴールドシップ 安藤勝己騎手
「ゲートでちょっと頭を下げてしまって、スタートが遅れてしまったので、無理せず後ろから行きました。本当は直線で外に出したかったのですが……。この馬場は問題ありませんでしたよ」

4着 ベストディール 国枝栄調教師
「上位3頭はキャリア3戦目で、この馬はまだ2戦目でしたからね。それを考えればよくがんばっていると思います。これからですね」

5着 ヒーラ 四位洋文騎手
「まだ2戦目で、しかも今回は重賞でしたからね。厳しい競馬でしたし、馬場も気にしていましたが、よくがんばっていたと思います」