【2歳未勝利】(札幌1~2R) [News]
2011/10/01(土) 15:23


札幌1Rの2歳未勝利(ダート1700m)は、2番人気カアチャンコワイ(竹之下智昭騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒7。3/4馬身差の2着に6番人気ハヤブサが、3馬身差の3着に1番人気サクセスフルビッドがそれぞれ入線。

カアチャンコワイは栗東・友道康夫厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母フレンドリーマナー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 カアチャンコワイ 竹之下智昭騎手
「スタートを出たら、前で競馬がしたいと思っていました。無理なく行けましたが、道中は物見をしていました。まだまだ余裕がありますし、これからもっとよくなるでしょう」

3着 サクセスフルビッド 藤岡佑介騎手
「本当は勝ち馬の後ろにつけたかったのですが、悪い形になってしまいました。馬がよくなっていただけに残念です」

4着 タマラマ 秋山真一郎騎手
「一度使ったことで、だいぶ反応がよくなっていました。まだまだ上積みがありそうです」


札幌2Rの2歳未勝利(芝1800m)は、3番人気マイネルテュール(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒6。3/4馬身差の2着に5番人気ハードロッカーが、3/4馬身差の3着に7番人気タイキプレミアムがそれぞれ入線。

マイネルテュールは美浦・鹿戸雄一厩舎の2歳牡馬で、父チーフベアハート、母ハニーテューズデイ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は3戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 マイネルテュール 松岡正海騎手
「今日は行きっぷりがよかったですが、今後のことを考えて控える競馬をしました。力のあるタイプですから、今日のような馬場もプラスだったかもしれません。落ち着いて走れるようになればいいですね」

3着 タイキプレミアム 三浦皇成騎手
「長く脚を使えることはわかっていましたし、こんな馬場ですから、自分でペースを作って行きました。今後、もっと走れるようになると思います」