【2歳未勝利】(中山1~2R) [News]
2011/09/25(日) 15:44


中山1Rの2歳未勝利(ダート1800m)は、4番人気オーブルチェフ(中舘英二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒7。7馬身差の2着に2番人気ニシノボレロが、クビ差の3着に1番人気キャプテンジャパンがそれぞれ入線。

オーブルチェフは美浦・萩原清厩舎の2歳牡馬で、父Malibu Moon、母Chatter Chatter(母の父Lost Soldier)。通算成績は2戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 オーブルチェフ 中舘英二騎手
「前回、折り合いに専念したことで、今日はスムーズに折り合えました。いい競馬ができましたね。芝でもダートでも走れるタイプだと思います」

3着 キャプテンジャパン 北村宏司騎手
「前回よりもよくなっていました。結構いいペースで行って、すぐに交わされずに抵抗していましたし、着順は下がりましたが、中身は前回よりも上です」

4着 コスモスイング 松岡正海騎手
「急かすよりも今日のようにじっくり行かせる競馬の方が合っています」


中山2Rの2歳未勝利(芝1800m)は、6番人気マイネルカーミン(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒6。3/4馬身差の2着に7番人気ルナが、ハナ差の3着に2番人気プーラヴィーダがそれぞれ入線。

マイネルカーミンは美浦・中野栄治厩舎の2歳牡馬で、父オレハマッテルゼ、母スカーレットオハラ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は2戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 マイネルカーミン 中野栄治調教師
「まだまだ子どもなんですが、一回使われて少しよくなってきたようですね。調教で走っているように、いいところのある馬なんです。距離が伸びてゆったり行けたのもよかったのでしょう」

2着 ルナ 後藤浩輝騎手
「内容的にはかなりよかったと思います。でも、まだまだ子どもで、気性的な成長が待たれますね」

3着 プーラヴィーダ 柴田善臣騎手
「返し馬のときからちょっと気になる動きをしていましたが、直線でモタれていました。難しいですね」

5着 シルキーマーチ 西田雄一郎騎手
「1コーナーでスローになったときに、ハミを噛んでしまいました。外へ出せればよかったのですが……」

6着 ムーンベックカフェ 田中勝春騎手
「切れ味の差でしょうね。シュッと動ければよかったんですが、動けませんでした」