8月22日(月)「地方競馬秋のシリーズ企画・DRAMATIC3の日程発表」他 [全国競馬情報]
2011/08/22(月) 17:23


●●地方競馬のシリーズ企画・DRAMATIC3の日程発表●●

 秋の地方競馬で展開される3つのシリーズ企画「スーパージョッキーズトライアル(SJT)」「未来優駿」「レディースジョッキーズシリーズ(LJS)」(DRAMATIC3)が、今年も9~12月にかけて、以下の日程で開催されることが発表された。

★スーパージョッキーズトライアル(SJT)
※毎年12月にJRA阪神競馬場で行われるワールドスーパージョッキーズシリーズ(WSJS)の地方競馬代表を決める騎手シリーズ戦。各競馬場を代表するジョッキーが2ステージ4レースで技を競う。優勝者には、地方競馬代表としてWSJSへの出場権が与えられる。

○第1ステージ(2レース実施) 10月 7日(金) 川崎競馬場
○第2ステージ(2レース実施) 10月21日(金) 名古屋競馬場

★未来優駿
※2008年創設の、10月~11月にかけて行われる各地の2歳主要競走(計7レース)を、約3週間のうちに短期集中施行するシリーズ。11月以降のダートグレード競走(兵庫ジュニアグランプリ・全日本2歳優駿)への出走意識を高め、競走体系の整備促進にも資することを目的とする。

○10月 7日(水) ハイセイコー記念(大井)
○10月17日(月) 若駒賞(盛岡)
○10月20日(木) 兵庫若駒賞(園田)
○10月28日(金) 九州ジュニアグランプリ(荒尾)
○10月31日(月) 福山2歳優駿(福山)
○11月 1日(火) サッポロクラシックカップ(門別)
○11月 4日(金) ゴールドウィング賞(名古屋)

★レディースジョッキーズシリーズ(LJS)
※3ラウンド6レースの総合ポイント制で「女性騎手日本一」を決めるシリーズ戦。年間を通じて唯一の女性騎手のみで争われるシリーズ戦で、2006年から現行の方式で実施されている。

○第1ラウンド(2レース実施) 11月14日(月) 盛岡競馬場
○第2ラウンド(2レース実施) 12月 1日(木) 荒尾競馬場
○第3ラウンド(2レース実施) 12月19日(月) 福山競馬場

(NAR地方競馬全国協会リリースによる)


●●オーバルスプリント(浦和)、JRAからスーニなど登録●●

 9月8日(木)に浦和競馬場で行われるテレ玉杯第22回オーバルスプリント(1400m)のJRAからの出走予定馬、補欠馬は以下の通り。今年から交流重賞に衣替えしたこのレースに、JRAからはスーニなどが登録している。

★JRAからの出走予定馬
スーニ        牡5
ダイショウジェット  牡8
トーホウドルチェ   牝6   
ニシノステディー   牝3 大野拓弥

○補欠馬(補欠順位順)
トーホウオルビス   牡6
コパノオーシャンズ  牝7
レディルージュ    牝5
スマートブレード   牡10
アウトクラトール   牡6


●●第11回JBCへの「JBC指定競走」が今週からスタート●●

 今年で11回目となる地方競馬の祭典・JBCへ向けての前哨戦が、今週25日(木)の秋桜賞(名古屋)を皮切りに、以下の日程で全国でスタートする。
 JBCへの前哨戦は、優勝馬に優先出走権を付与する「Road to JBC」と、出走馬選定にあたってその成績が重視される「JBC指定競走」の2本立て。今年のJBC3競走=レディスクラシック(1800m)/スプリント(JpnI・1200m)/クラシック(JpnI・2000m)/は、11月3日(木・祝)に大井競馬場で行われる。

<Road to JBC>
★9月23日(金・祝) 第56回日本テレビ盃(JpnII・船橋・1800m)
※1着馬にJBCクラシック優先出走権

★9月28日(水) 第45回東京盃(JpnII・大井・1200m)
※1着馬にJBCスプリント優先出走権

★9月29日(木) 第1回レディスプレリュード(大井・1800m)
※1着馬にJBCレディスクラシック優先出走権

★10月10日(月・祝) 第24回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI・東京ダート1600m)
※1着馬にJBCスプリント/クラシックへの優先出走権

○JBCレディスクラシック指定競走
 8月25日(木) 第5回秋桜賞(名古屋・1800m)
 8月29日(月) 第37回ビューチフル・ドリーマーカップ(盛岡・ダート2000m)

○JBCクラシック指定競走
 9月12日(月) 第9回青藍賞(盛岡・1600m)
 9月14日(水) 第46回東京記念(大井・2400m)
 9月21日(水) 第38回オータムカップ(笠松・1900m)
 9月23日(金) 第23回珊瑚冠賞(高知・1900m)
10月 6日(木) 第51回姫山菊花賞(園田・1700m)
10月14日(金) 第22回九州記念(荒尾・2000m)

○JBCスプリント指定競走
 8月30日(火) 第18回アフター5スター賞(大井・1200m)
 9月12日(月) 第9回青藍賞(盛岡・1600m)
 9月18日(日) 第9回オータムスプリントカップ(金沢・1400m)
10月 6日(木) 第6回道営スプリント(門別・1200m)
10月 6日(木) 第51回姫山菊花賞(園田・1700m)


●●スパーキングサマーカップ(19日・川崎)は伏兵ベルモントルパン●●

 19日(金)に不良馬場の川崎競馬場で行われた第8日スパーキングサマーカップ(SIII・1600m・1着賞金1200万円・13頭)は、中団追走から徐々に押し上げた9番人気のベルモントルパン(石崎駿騎乗)が直線で7番人気のウツミランカスターにアタマ差競り勝ち、デビューから45戦目にして初の重賞制覇を飾った(タイム1分39秒2)。1馬身差の3着には12番人気のザグが追い込んで3連単は86万4720円の高配当となった。1番人気のディアーウィッシュは好位を進んだが伸びを欠いて8着。

 勝ったベルモントルパンは父アジュディケーティング、母ベルモントチャペル(その父アルカング)という血統で、船橋・椎名廣明調教師の管理馬。JRAで5勝を挙げて今年南関東へ転入、転入後の初白星が嬉しい重賞制覇となった。通算成績は45戦6勝(うちJRA41戦5勝)。


●●くろゆり賞(19日・笠松)は堅実派フジノアサハタが初重賞制覇●●

 19日(金)に笠松競馬場で行われた重賞第40回くろゆり賞(SP1・1600m・1着賞金250万円、出走10頭)は、好位を進んでいた4番人気のフジノアサハタ(尾島徹騎乗)が先に抜け出しを図ったエーシンエヴァンを直線で捉え、初重賞制覇を飾った(タイム1分42秒0)。中団から追い込んだリーヴザネストが1馬身半差で2着、3着にエーシンエヴァンが入り、1番人気のシャドウストライプは8着と敗れた。

 勝ったフジノアサハタは父ティンバーカントリー、母ハナブサワン(その父ラシアンルーブル)という血統の7歳牡馬で、柴田高志調教師の管理馬。2~3歳時に半年、3~4歳時に1年を超える休養を挟みながらも徐々にクラスを上げ、昨年には尾張名古屋杯4着、金沢のイヌワシ賞3着と重賞でも善戦していた。通算成績は45戦18勝(うちJRA2戦未勝利)、地方競馬では43戦して掲示板に載れなかったのが1回だけという堅実な成績を残している。


●●主な2歳戦の結果●●

<盛岡>
★21日(日)に行われた特別戦・若鮎賞(芝1600m・1着賞金150万円・5頭)は、3番人気のワタリドラゴン(村上実厩舎、村上忍騎乗)が逃げ切って、先月30日の認定戦(芝1000m)に続く連勝を飾った。父マイネルラヴ、母ラブネスト(その父アンバーシャダイ)という血統の牡馬。

★22日(月)に行われた認定未勝利戦フューチャー(ダート1200m)は、1番人気のアスペクト(櫻田浩三厩舎、齋藤雄一騎乗)が後続に2秒以上の差をつける圧勝で人気に応えた。父ティンバーカントリー、母アプローズフラワー(その父ロイヤルスキー)という血統の牡馬で通算5戦2勝。

<船橋>
★22日(月)に行われたJRA指定競走=シーサイドスター特別(1500m・出走7頭)は、断然人気のドラゴンシップを直線で捉えたルイクリスタルラヴ(齋藤敏厩舎、坂井英光騎乗)が2馬身差で勝ち、デビュー3戦目で初勝利を飾った。父マイネルラヴ、母スイートデヴィアス(その父ドクターデヴィアス)という血統の牡馬。

<川崎>
★20日(土)にJRA認定新馬戦(900m)が2鞍組まれ、第1レース(6頭)では2番人気のキョウエイロブスト(佐々木仁厩舎、増田充宏騎乗)が3コーナーで先頭に立って押し切った。父サウスヴィグラス、母ダンシングヒミコ(その父タイキシャトル)という血統の牡馬。

★第2レース(7頭)では、2番人気のフォックスワン(秋山重美厩舎、森泰斗騎乗)がゴール前で差し切って勝った。父マーベラスサンデー、母レオキャンディ(その父ヘクタープロテクター)という血統の牝馬。