【クイーンS(GIII)】(札幌)~良血の3歳アヴェンチュラが制す [News]
2011/08/14(日) 17:10


札幌11Rの第59回クイーンステークス(GIII、3歳上牝馬、芝1800m)は1番人気アヴェンチュラ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒6(良)。クビ差2着に10番人気コスモネモシン、さらに1馬身差で3着に3番人気アニメイトバイオが入った。

アヴェンチュラは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牝馬で、父ジャングルポケット、母アドマイヤサンデー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は5戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 アヴェンチュラ(池添騎手)
「速いペースを前につける形できついレースになりました。そんな中で自分で動いたところで外から捲られて、普通なら負けてもおかしくない形をよく差し返してくれました。春は怪我で休んでいた馬ですが、今回古馬相手に勝って、秋は3歳馬同士の戦いになる訳ですから、期待は大きいですね」

2着 コスモネモシン(丹内騎手)
「折り合いもついて、3コーナーから出て行って、4コーナーでも手応え十分で勝ったと思ったんですが…。悔しいですね」

3着 アニメイトバイオ(蛯名騎手)
「展開が向いたと思ったんですが、勝負どころで予想外にモタつきました。でもその割によく伸びてくれているし、さすがに力のある馬ですね」

4着 ブロードストリート(藤原英昭調教師)
「この馬らしい面をちょっとは出してくれました。もう一つ前の位置でレースが出来れば、もう少し違ったかもしれません。いい頃の雰囲気が出てきたし、秋が楽しみです」

5着 ショウリュウムーン(岩田騎手)
「直線の伸びはそれなりに良かったですが、少し雨で滑るようなところがありました。天気がもう少し我慢してくれれば良かったんですが…」

14着 サンテミリオン(藤岡佑騎手)
「レース前の雰囲気も良く、スタート良く出て行けたんですが、速いペースの中で少し馬とケンカするような形で外々を回ることになりました。それでも最後まで頑張ってくれていますし、休み明けを1回使って良くなってくれるんじゃないでしょうか」