【小倉記念】(小倉)~イタリアンレッドがレコードV [News]
2011/07/31(日) 16:55


小倉11Rの小倉記念(3歳以上GIII・芝2000m)は、4番人気イタリアンレッド(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒3のレコード。1馬身3/4差の2着に15番人気キタサンアミーゴが、半馬身差の3着に8番人気リクエストソングがそれぞれ入線。

イタリアンレッドは栗東・石坂正厩舎の5歳牝馬で、父ネオユニヴァース、母バルドネキア(母の父Indian Ridge)。通算成績は17戦7勝となった。

レース後のコメント
1着 イタリアンレッド 浜中俊騎手
「長くコンビを組ませてもらっているこの馬で重賞を勝てて嬉しいです。久々に乗りましたが、力をつけていると感じました。思った以上にいいポジションが取れて、手応えもありましたし、4コーナーでも反応がよかったので、『これならいける』と思いました。地元で一番思い入れのある重賞ですし、勝てて本当に嬉しいです」

石坂正調教師のコメント
「前走から斤量が3キロ増でしたが、強かったですね。55キロで勝てましたし、これでGIでもやれるイメージがつかめました。この後は休ませます」

2着 キタサンアミーゴ 熊沢重文騎手
「道中もスムーズに気負わずレースをしてくれました。直線もうまく捌いて伸びて、レコード決着の中よくがんばっています。今日は相手が強かったですね」

3着 リクエストソング 和田竜二騎手
「『前々で運んで欲しい』という指示でしたので、テンから出して行く競馬をしました。ペースは速かったですが、流れに乗れましたし、状態もよかったです。こういう競馬が合っているのではないでしょうか」

4着 ヤマニンキングリー 石橋守騎手
「今日はロスのない競馬ができましたし、直線もいい反応を見せてくれました。乗りやすい馬ですね。ただ、レコード決着はこの馬には厳しいですね」

5着 エーシンジーライン 太宰啓介騎手
「自分からつかまえに行きましたが、最後までしぶとくがんばってくれました。開幕週の馬場もよかったのだと思います」

8着 ワルキューレ 岩崎祐己騎手
「48キロでしたし、ジリジリ伸びています。自己条件で展開が向けば十分やれると思います」