【メイクデビュー】(新潟5~6R) [News]
2011/07/23(土) 16:15


新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1600m)は、4番人気ジャスタウェイ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒1。5馬身差の2着に6番人気ラパージュが、クビ差の3着に11番人気ウイングドウィールがそれぞれ入線。

ジャスタウェイは栗東・須貝尚介厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母シビル(母の父Wild Again)。

レース後のコメント
1着 ジャスタウェイ 福永祐一騎手
「もともとゲートの出はよくない馬でしたが、スタートの練習をしたおかげで今日は速かったですね。レースの内容的には強かったんですが、体つきも子どもですし、これからの馬だと思います」
2着 ラパージュ 田村康仁調教師
「厩舎の中では評価の高い馬なんです。勝ち馬とは離されてしまいましたね。併せ馬の形だったらまた違ったと思うのですが……。でも、メドは立ちました。ジョッキーは1600mがベストだろうと言っていました」

3着 ウイングドウィール 木幡初広騎手
「追い切りの本数も動きももうひとつだったのですが、ひと叩きしたことで次走は変わってくると思います」

5着 ウインフロレゾン 田辺裕信騎手
「まだフワフワしていて、気持ちが入っていませんね。それに初戦からというタイプではなさそうです。手前の替え方もまだぎごちなかったので、これからですね」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(芝1000m)は、2番人気ダンスインザマミー(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは56秒8。2馬身半差の2着に5番人気ワンパクテンシが、2馬身半差の3着に1番人気メモリアビアンカがそれぞれ入線。

ダンスインザマミーは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牝馬で、父タニノギムレット、母フラップアウェイ(母の父エルコンドルパサー)。

レース後のコメント
1着 ダンスインザマミー 松岡正海騎手
「若い面はありますが、エンジンがかかってからはいい脚でした。距離はマイルぐらいまででしょう」

斎藤誠調教師のコメント
「パドックで物見をしていましたし、環境の変化に慣れるのが大変でした。荒削りな面がある中でしっかりと伸びてくれたのでよかったです。1000mを使った後なので今後の使い方は難しいですが、今後は調教方法なども含めていろいろと考えてやっていこうと思います」

2着 ワンパクテンシ 田辺裕信騎手
「かなりモタれていました。そして交わされたときに馬がかなり気にしていました。一回使ったことで競馬に慣れてくれるといいですね」

3着 メモリアビアンカ 蛯名正義騎手
「スタートをポンと出てスンナリ行けましたので楽勝かと思ったのですが……。まあ、まだ本数もやっていませんでしたからね。その分だと思います」