【七夕賞(GIII)】(中山)~牝馬イタリアンレッド 軽量生かして抜け出す [News]
2011/07/10(日) 17:14


中山11Rの第47回七夕賞(GIIIハンデ、3歳上、芝2000m)は7番人気イタリアンレッド(中舘英二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒5(良)。クビ差2着に2番人気タッチミーノット、さらに1馬身3/4差で3着に4番人気アニメイトバイオが入った。1番人気キャプテントゥーレは12着。

イタリアンレッドは栗東・石坂正厩舎の5歳牝馬で、父ネオユニヴァース、母バルドネキア(母の父Indian Ridge)。通算成績は16戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 イタリアンレッド(中舘騎手)
「石坂調教師からは“下げ過ぎず、行き過ぎずという競馬を”と言われていました。道中はスムースな競馬をすることを心掛けました。しかし、少し持って行かれそうになったり、大外を回ったりしてそれほどスムースな競馬でもありませんでした。直線では内にササるなど心配なところもありました。これまでにもチャンスはあったんです。しかし、乗り難しい馬で、中々重賞が勝てませんでしたが、ここで勝てて良かったと思います」

2着 タッチミーノット(三浦騎手)
「4コーナーでついて行けなくなりましたが、直線で広いところに出したらいい脚を使ってくれました。今日はいい経験になったと思います」

3着 アニメイトバイオ(後藤騎手)
「やっとこの馬らしさが出ましたね。負けはしましたが、牡馬の中に入ってこれだけやれたらいいでしょう。ホッとしました。2コーナーでハミを噛んだのですが、力みながらも最後までしっかりと走ってくれました」

4着 シャドウゲイト(田中勝騎手)
「見せ場は作れましたね。しかし、あのまま押し切ってくれたらなぁ、と思いました。9歳馬ですが、まだまだ元気です」

5着 ドモナラズ(柴田大騎手)
「休み明けを一度使って馬が良くなっていたようです。中途半端な競馬は止めて後ろからレースをしました。よく頑張ってくれたと思います」

12着 キャプテントゥーレ(小牧騎手)
「無理に行くような馬がいたらハナを譲って、逃げることには拘っていませんでした。しかし、結果的に単騎で行った方がいいようです。ハナを切った時と行きっぷりが違い、持ち味が出ませんでした」