6月13日(月)「岩手ダービー(盛岡)はベストマイヒーローが圧勝」ほか [全国競馬情報]
2011/06/13(月) 17:35


●●重賞レースの結果●●
●6月13日(月)
・盛岡競馬場で行われたダービーWeekの第6戦・第31回岩手ダービー ダイヤモンドカップ(3歳オープン・マツリダゴッホ賞・ダート2000m・1着賞金500万円)は10頭が出走し、単勝1.0倍という圧倒的1番人気となったベストマイヒーローがスタートしてスンナリと先手を取って逃げた。2番人気のヤマトスバルが2番手でピッタリとマークしたが、楽なペースで逃げたベストマイヒーローは直線で突き放し、危なげなく逃げ切って2着馬に5馬身の差をつける圧勝だった。勝ちタイムは2分11秒8。勝利騎手は岩手の菅原勲。5番手からレースを進めた6番人気のスパルタンが4コーナー手前から差を詰め、直線で脚色が鈍ったヤマトスバルをゴール前で交わして2着となった。3番人気のトーホクスピリットが4着。5着がドキドキだった。
 ベストマイヒーローは、父サクラプレジデント、母エミネントプリティ(その父アンバーシャダイ)という血統。岩手の瀬戸幸一厩舎所属の牡3歳鹿毛馬。昨年7月にデビューし、3戦目の芝の重賞・ジュニアグランプリでの2着が唯一の敗戦。この岩手ダービーを5連勝で制して通算成績は8戦7勝(JRAでは未出走)となった。

●6月10日(金)
・名古屋競馬場で行われたダービーWeekの第5戦・第41回東海ダービー(キングヘイロー賞、1900m・1着賞金500万円、12頭)は、好位を進んでいた7番人気のアムロ(戸部尚実騎乗)が直線で抜け出し、1番人気ミサキティンバーの急追を抑えて勝った(勝ちタイム2分04秒3)。山本茜騎手が騎乗したミサキティンバーはハナ差届かず2着、5馬身差の3着がサカジロタイヨーだった。
 勝ったアムロは父ブラックタキシード、母モーニングミラー(その父ヘクタープロテクター)という血統の牡馬で、川西毅調教師の管理馬。ホッカイドウ競馬でデビュー後、昨年暮れに名古屋に移っていた。通算成績は25戦7勝で重賞は初制覇。川西毅調教師はヒシウォーシイ以来3年ぶりの東海ダービー制覇となった。 


●●北海道スプリントカップ(門別・JpnIII)の枠順●●
・16日(木)に門別競馬場で行われる第15回北海道スプリントカップ (3歳以上・JpnIII・1200m・1着賞金2200万円)の枠順は以下の通り。なお、出走を予定していたダイワディライト(JRA所属馬)は出走を回避した。

1枠 1番マルカフリート   牡5 56 福永祐一
2枠 2番アンペア      牝5 54 山口竜一
3枠 3番シシノテイオー   牡4 56 宮崎光行
4枠 4番ガブリン      牡9 56 武豊
4枠 5番エレガントスピーチ 牝5 54 服部茂史
5枠 6番ナリタブラック   牡9 56 岡田祥嗣 
6枠 8番ミリオンディスク  牡7 57 蛯名正義
6枠 9番サクラサクラサクラ 牝5 54 川島洋人
7枠10番ミスティックダイヤ 牡6 56 岩橋勇二
7枠11番サクラビジェイ   牡9 56 五十嵐冬樹
8枠12番プリティゴールド  牝5 54 桑村真明
8枠13番ヤサカファイン   牡5 56 石崎駿

(ホッカイドウ競馬発表のリリースによる)


●●金沢競馬歴代第1位の454万6380円の高額配当が出る●●
・12日(日)の金沢競馬市営第1回1日目の第10競走金沢城入場特別(ダート1500m・11頭立て)は、2番人気のナンヨーサンセットが勝ったものの、単勝1.1倍という圧倒的1番人気となったラインドライブが5着に敗れ、2着が6番人気のオーバーザウェイヴで3着が最低11番人気のテンエイファルコンとなり、3連単の払戻金が金沢競馬場歴代第1位となる454万6380円となった。これは全990通り中 579番人気で、的中票数は1票だった。
これまでの金沢競馬の最高配当額は、2007年6月24日(日)の第8競走の3連単382万5500円だった。

(石川県競馬事業局発表のリリースによる)

(担当:小林雅巳)