【天王山S】(阪神)~ワールドワイドが6勝目を挙げる [News]
2011/06/04(土) 16:53


阪神11Rの天王山ステークス(3歳以上オープン・ダート1200m)は、3番人気ワールドワイド(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0。1馬身3/4差の2着に5番人気クリスタルボーイが、ハナ差の3着に1番人気マルカベンチャーがそれぞれ入線。

ワールドワイドは栗東・橋口弘次厩舎の5歳牡馬で、父フォーティナイナー、母エリモシンフォニー(母の父Blushing Groom)。通算成績は26戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 ワールドワイド 小牧太騎手
「今回は攻め馬がよかったですよ。行きすぎるぐらいの気合でしたからね。今日は伸びが違いました」

2着 クリスタルボーイ 和田竜二騎手
「外から被せられるとこの馬にはよくないので、2番手からのレースとなりました。フワッとして止まりかけていましたが、しぶとく2着まで踏ん張ってくれました。展開ひとつですね」

3着 マルカベンチャー 安藤勝己騎手
「4コーナーから勝ち馬の後ろをついていこうと思ったのですが、手応えがもうひとつだったので外に出しました。でも、最後の伸びを考えたら、内で我慢していた方がよかったかもしれません」

4着 アースサウンド 後藤浩輝騎手
「今日はかつての荒々しさを取り戻すためのきっかけになってくれればと思い、スピードを生かしたレースをしました。休み明けでこれだけ走ってくれれば楽しみですね」

5着 エノク 浜中俊騎手
「休み明けで58キロと厳しい条件でしたが、5着と力を見せてくれました。地力を感じました」

6着 シルクフォーチュン N.ピンナ騎手
「スタートはまあこんなものでしょうが、前走と同じような感じで今日は弾けてくれませんでした」