【金鯱賞(GII)】(京都)~ルーラーシップ 大出遅れも完勝で重賞3勝目 [News]
2011/05/28(土) 17:08


京都11Rの第47回金鯱賞(GII、3歳上、芝2000m)は1番人気ルーラーシップ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分2秒4(不良)。3/4馬身差2着に2番人気キャプテントゥーレ、さらに2馬身1/2差で3着に3番人気アーネストリーが入った。

ルーラーシップは栗東・角居勝彦厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母エアグルーヴ(母の父トニービン)。通算成績は11戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ルーラーシップ(福永騎手)
「調教で乗った時には少し掛かって行くような印象もあったのですが、芝での返し馬の走りは良かったので、いけると思いました。ただ、ゲートで待たされている間に駐立が悪くなってしまって、一番悪い体勢の時にゲートが開いてしまいました。跳び上がるような形でゲートを出て、そこで右の鐙が外れてしまうくらいでしたが、落ちなくて良かったです。その中でもこれだけ強い勝ち方でしたし、力を見せられたと思います。いいスタートが切れればもっと強い競馬が出来ると思いますし、次も楽しみです」

2着 キャプテントゥーレ(小牧騎手)
「手応え十分で勝ったと思ったんですが、勝った馬は強いですね。道悪は問題なかったです」

3着 アーネストリー(佐藤哲騎手)
「スタッフがこのレースを勝つために仕上げてくれたんですが、この馬場では十分には力を出せなかったのかもしれません。ただ、休み明けで頑張っていますから、次の宝塚記念はこの馬の得意とする条件、楽しみです」

5着 アンライバルド(ピンナ騎手)
「跨った時にGI馬のパワーを感じました。ただ、興奮気味に走っていたので折り合いに苦労しましたが、何とかなだめることが出来ました。流石に1年以上の休み明けであと一息でしたが、よく頑張っていましたし、良馬場なら違うと思いますし、今回使われて良くなって来ると思います」

7着 マンハッタンスカイ(岩田騎手)
「こういう馬場も苦にしていませんし、ジリジリと伸びていました」

12着 アドマイヤメジャー(ウィリアムズ騎手)
「こういう馬場を嫌がっているのか、進んで行ってくれませんでした」