【ヴィクトリアマイル】(東京)~アパパネがブエナビスタをクビ差おさえる [News]
2011/05/15(日) 17:28


東京11Rのヴィクトリアマイル(4歳以上GI・牝馬・芝1600m)は、2番人気アパパネ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒9。クビ差の2着に1番人気ブエナビスタが、クビ差の3着に3番人気レディアルバローザがそれぞれ入線。

アパパネは美浦・国枝栄厩舎の4歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ソルティビッド(母の父Salt Lake)。通算成績は12戦7勝となった。

レース後のコメント
1着 アパパネ 蛯名正義騎手
「自分で競馬を作っての勝利で、非常に価値があると思います。三冠馬は勝てないとか外枠は不利だとかいろいろと言われましたが、すべてクリアしてくれました。本当に頭が下がります。前回我慢させる競馬をしたこともあり、今日は折り合いがつきました。馬を信じて自信を持って乗りました。(ブエナビスタは)最後絶対に来ると思っていましたし、やっぱり来ました。よくしのいでくれたと思います。最高にかわいい馬です」

2着 ブエナビスタ 岩田康誠騎手
「馬は元気で状態はよかったと思います。すごく素直で乗りやすい馬でした。アパパネの後ろで理想的なレース運びができました。前を目標に追い出して、坂を上がってからもグーンと伸びましたが……」

松田博資調教師のコメント
「よく走っています。敗因? 敗因というより向こうがこちら以上によく走ったということでしょう」

3着 レディアルバローザ 福永祐一騎手
「早めに行って勝負に出ました。一瞬やったかと思いました。距離も1800~2000mぐらいなら対応できると思います。これからが楽しみな馬です」

4着 グランプリエンゼル C.ウィリアムズ騎手
「前々の位置で思ったような競馬ができました。DVDで前もって研究しましたが、思った以上にこの馬は強かったです。マイルへの適応力もあります。ただ、前の2頭は強すぎましたね」

5着 アンシェルブルー 田中勝春騎手
「よく頑張ったと思います。これから先々、どこかでチャンスがあるのではないでしょうか」

7着 アニメイトバイオ 後藤浩輝騎手
「以前よりもイライラするところがなくなりました。最後は5着はあるかなと思ったぐらいグーッと来ました。雰囲気もよくなって、これから馬がよくなってくると思います」

11着 コスモネモシン 松岡正海騎手
「引っ掛かりました。返し馬のときから尻っぱねをして、馬の雰囲気もあまりよくなかったです」

17着 アプリコットフィズ 武豊騎手
「スタートしてすぐに引っ掛かりました。その後、折り合いがついたと思ったら、今度は前に行かなくなりました。何が原因なのかよくわかりません……」