4月11日(月)「クラマテングが福山桜花賞3連覇を達成」ほか [全国競馬情報]
2011/04/11(月) 17:57


●●重賞レースの結果●●
<福山>
・福山競馬場(天候:曇 馬場:良)で行われた第44回福山桜花賞(第10競走・4歳以上オープン・1着賞金150万円・ダート2250m)は10頭が出走し、1番人気となったクラマテングが逃げ切って勝ち、この競走の3連覇を達成した。2着は2馬身差で7番人気のフジノアリオン。3着は4馬身差で9番人気となったマルサンサイレンス。勝ちタイムは2分35秒0。勝利騎手は福山の嬉勝則。
 クラマテングは、父ニューイングランド、母セルリアンシノ(母父ブラックスキー)という血統の牡6歳鹿毛馬。福山の江口秀博厩舎所属で通算成績は59戦26勝(中央競馬は未出走)となった。 
<高知>
・9日(土)に高知競馬場(天候:晴 馬場:不良)で行われた第27回二十四万石賞(4歳以上・1着賞金50万円・ダート1900m)は、単勝5番人気のアプローチアゲンが,好位2番手から2週目4コーナー手前で先頭に立って直線そのまま押し切り優勝した。勝利騎手は福山の岡田祥嗣。後方追走から4コーナー内を突いて直線伸びた3番人気ハンドシェイクが2着、中団位置から3コーナーでスパートをかけるも伸びきれなかった2番人気ダノンムローが3着。1番人気となったフサイチバルドルは、好位4番手につけたが勝負どころの3コーナーで手応えを欠き6着に終わった。
 アプローチアゲンは、父ブラックタイアフェアー、母パドルアゲン(母父ハバツト)という血統の牡7歳栗毛馬。高知の雑賀正光厩舎所属で、中央から未勝利のまま昨年12月に高知へ転入。高知ではこれまで7戦5勝で、前走は名古屋大賞典(JpnⅢ)に出走して7着となり今回が重賞初制覇。競走成績は41戦9勝(中央競馬では19戦未勝利)となった。
 レース後の関係者のコメントは以下の通り。
雑賀正光調教師「感無量です。それだけです。」
岡田祥嗣騎手「2番手が取れたので,マイペースでいけたのが良かったですね。もう最高の流れでした。ありがとうございました。」

(高知競馬発表のリリースによる)


●●東京スプリント(20日・大井)の出走予定馬●●
・20日(水)に大井競馬場で行われるダートグレード競走=第27回東京スプリント(JpnIII・1200m)に出走を予定していたトウショウガナー、イイデケンシン、ザッハーマイン、フリートアドミラルが回避した。そして、スーパーヴィグラスが繰り上がりとなった。11日(月)時点での出走予定馬、補欠馬は以下の通り。

★JRA所属馬(出走枠5頭)
アグネスジェダイ     牡9
サマーウインド      牡6 藤岡佑介
スーニ          牡5
ティアップワイルド    牡5
ミリオンディスク     牡7 蛯名正義

○補欠馬(補欠順位順)
セレスハント
アイルラヴァゲイン
トーホウドルチェ
ビクトリーテツニー
ガブリン

★南関東地区選定馬(出走枠8頭)
インプレッション(大井) セン9
コアレスピューマ(船橋)  牡7
ジーエスライカー(大井)  牡4
ディアヤマト(大井)    牡6
ナイキマドリード(船橋)  牡5
フジノウェーブ(大井)   牡9
ヤサカファイン(大井)   牡5
スーパーヴィグラス(大井) 牡5

○補欠馬(補欠順位順)
ブリーズフレイバー(大井)
ケイアイスイジン(大井)
ブライトフェース(川崎)
ラインジュエル(大井)
ホワイトランナー(大井)
ピエールパピヨン(大井)
ショウリュウ(大井)
ソロソログランプリ(浦和)

★南関東以外の地区選定馬(出走枠3頭)
ギオンゴールド(佐賀)   牝5
クレイアートビュン(金沢) 牡7
ポートジェネラル(高知)  牡8

○補欠馬(補欠順位順)
ダノンムロー(高知)
トウホクビジン(笠松)

(TCK特別区競馬組合リリースによる)


●●JRAのレースに出走した地方馬の成績●●
★9日(土)・阪神・第11競走・阪神牝馬ステークス
(GII・4歳以上牝馬・芝1400m・18頭立て)
 ゴールドピアース(兵庫)17着 


●●名古屋の丸山真一騎手がデビュー●●
・今日11日の名古屋競馬では、新人の丸山真一(まるやま しんいち)騎手が第6競走でデビューした。
 丸山騎手は、栃木県那須塩原市にある地方競馬教養センターの第89期騎手候補生として2年間の養成課程を修了し、平成23年3月31日付けで騎手免許を取得していた。
 丸山騎手は愛知の坂口義厩舎所属で1990年7月2日生まれの20歳。第6競走の「ジョッキー!丸山真一デビューC19」(ダート1400m・10頭立て)で7番人気のスズカシャングリラに騎乗して6着だった。なお、名古屋競馬に新人騎手がデビューしたのは、平成20年4月に友森翔太郎騎手と阪野学騎手がデビューして以来3年ぶり。

(名古屋競馬のホームページによる)

(担当:小林雅巳)