【産経大阪杯】(阪神)~ヒルノダムールが念願の初重賞V [News]
2011/04/03(日) 16:34


阪神11Rの産経大阪杯(4歳以上GII・芝2000m)は、1番人気ヒルノダムール(藤田伸二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒8。ハナ差の2着に8番人気ダークシャドウが、クビ差の3着に3番人気エイシンフラッシュがそれぞれ入線。

ヒルノダムールは栗東・昆貢厩舎の4歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母シェアエレガンス(母の父ラムタラ)。通算成績は13戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ヒルノダムール 藤田伸二騎手
「もっと早く重賞を勝たなくてはいけない馬。早くタイトルが欲しかったんです。ゴール前は負けたかと思いましたが、よく残ってくれました」

2着 ダークシャドウ 福永祐一騎手
「乗りやすい馬で、リズムよく行けました。強い相手によく伸びていましたよ。まだまだ力をつけてきそうですし、この先が楽しみです」

3着 エイシンフラッシュ 内田博幸騎手
「外枠で59キロとかわいそうな部分がありましたが、差のないレースができました。馬はよくなっていましたよ。このレコード決着で3着ですから、これだけやれれば次が楽しみです」

4着 ダノンシャンティ 安藤勝己騎手
「ペースが速く流れていて、折り合いもつきました。馬は前走より落ち着いていましたが、59キロもあったのかもしれません」

5着 キャプテントゥーレ 小牧太騎手
「自分の競馬をして、4コーナーでは逃げ切れるかと思いましたが、最後は決め手の差でしょうか」

7着 ダイワファルコン 北村宏司騎手
「外枠からスムーズに、道中もいいリズムで走れました。このクラスの馬と戦って、いい経験になったと思います」

8着 リディル 武豊騎手
「前半は力んで走っていました。距離はもう少し短い方がいいように思います」

9着 ドリームジャーニー 池添謙一騎手
「ゲートを出たところで挟まれてしまい、バランスを崩してしまいました。その後は折り合いましたが、3コーナーから上がって行きたかったのに、他馬に張られるところがありました」