3月26日(土)「ダブルオーセブン(船橋)、スプリングSは10着」ほか [全国競馬情報]
2011/03/26(土) 19:24


●●ダブルオーセブン(船橋)、スプリングS挑戦は10着●●

 JRA阪神競馬場で行われた皐月賞のトライアル戦スプリングステークスに出走した船橋所属のダブルオーセブン(川島正行厩舎、戸崎圭太騎乗)は、終始中団を進んだが最後の伸びを欠いて10着という成績だった。


●●岩手競馬、4月の開幕を延期●●

 4月からの新年度の岩手競馬の開幕は、震災の影響で競馬施設でも大きな被害が発生していること、被災地で燃料不足などの厳しい状況が続いていることなどの事情から、4月2日の開幕を延期することになった。
 4月から5月上旬にかけての開催の中止が決まっており、主催する岩手県競馬組合としては5月14日からの第1回盛岡競馬の開催をメドに、今後の対応を検討していくことになった。


●●ホッカイドウ競馬で能力検査開始●●

 ホッカイドウ競馬では門別競馬場で24日(金)から能力検査がスタートした。

 検査頭数は58頭で、800メートルの制限タイム58秒をクリアするなどして全馬が合格した。
 2歳馬はこれから4月29日(金・祝)のデビュー戦を目指すことになる。24日の能力検査では、アドマイヤムーン、ケイムホーム、サムライハート、シニスターミニスター、ファスリエフ、フォーティナイナーズサンなど新種牡馬の初産駒たちも登場した。
 次回の能力検査は31日(木)に予定されている。門別競馬場では来週も能力検査の観戦が可能。

(ホッカイドウ競馬発表による)


<担当:佐藤泉>