【弥生賞】(中山)~サダムパテックが皐月賞に向けて好発進 [News]
2011/03/06(日) 16:50


中山11Rの弥生賞(3歳GII・芝2000m)は、1番人気サダムパテック(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒0。半馬身差の2着に7番人気プレイが、ハナ差の3着に5番人気デボネアがそれぞれ入線。

サダムパテックは栗東・西園正都厩舎の3歳牡馬で、父フジキセキ、母サマーナイトシティ(母の父エリシオ)。通算成績は5戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 サダムパテック 岩田康誠騎手
「今日は初騎乗でしたが、結果を出したいと思っていました。位置取りや折り合いに気をつけて乗りました。スタートで他馬とぶつかって行く素振りを見せましたが、1コーナーで抜けてよかったです」

2着 プレイ 松岡正海騎手
「今日のメンバーで2着なら上々でしょう。まだよくなってきそうです」

3着 デボネア 佐藤哲三騎手
「スローの瞬発力勝負になってしまいました。まだペースの切り替えがうまくできず、課題も多いのですが、そんな中で勝てそうな雰囲気はありました。これで権利が取れたので、本番に向けてじっくりと調整できるのはいいですね」

7着 ウインバリアシオン 福永祐一騎手
「スタート直後に他の馬に寄られてしまい、位置が悪くなってしまいました。外から上がっていくときに内の馬を気にしたのか、外に逃げてしまいました。今までそんな面を見せたことはなかったのですが……」

11着 ターゲットマシン 田中勝春騎手
「若さが出てしまいました。ゲートに入ろうとしませんでしたしね」