【チューリップ賞(GIII)】(阪神)~レーヴディソール 4馬身差で圧勝 [News]
2011/03/05(土) 16:46


阪神11Rの第18回チューリップ賞(GIII、3歳牝馬、芝1600m)は1番人気レーヴディソール(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。4馬身差2着に2番人気ライステラス、さらにクビ差で3着に6番人気メデタシが入った。

レーヴディソールは栗東・松田博資厩舎の3歳牝馬で、父アグネスタキオン、母レーヴドスカー(母の父Highest Honor)。通算成績は4戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 レーヴディソール(福永騎手)
「この馬にとって課題はスタートだけなのですが、今日は五分のスタートでいいポジションにつけられました。道中は馬を傷めないようにバランスに気をつけて乗っていました。競馬なので決して気を抜くことなく乗っていましたが、レースを使うごとに反応が良くなり、今日はムチを使いませんでした。これまでこんなに楽に重賞を勝ったことはないし、これだけインパクトがある馬はこれまでいませんでした。どこまで強くなるのか楽しみです。まだ対戦していない馬もいますが、スタートも1戦1戦良くなっているので、今のところ注文はありません。無事に行って欲しいです」

2着 ライステラス(岩田騎手)
「勝ち馬を意識して早めに動いて行きましたが…。それでも素直で力のある馬ですよ」

3着 メデタシ(浜中騎手)
「ちょっとスタートのタイミングが合わなかったのですが、その後は内で我慢して走ることが出来ました。何とか3着に入れて良かったです」

4着 タガノラヴキセキ(武豊騎手)
「内枠でしたしハナに行きました。粘っていましたし、何とか3着以内にと思ったのですが、惜しかったです」

7着 メーヴェ(四位騎手)
「もう少し内に入って運べれば良かったのですが、1勝馬ということを考えればよく頑張っています」