【フェブラリーS】(東京)~トランセンドが人気に応えてGI連勝 [News]
2011/02/20(日) 16:45


東京11Rのフェブラリーステークス(4歳以上GI・ダート1600m)は、1番人気トランセンド(藤田伸二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒4。1馬身半差の2着に3番人気フリオーソが、クビ差の3着に4番人気バーディバーディがそれぞれ入線。

トランセンドは栗東・安田隆行厩舎の5歳牡馬で、父ワイルドラッシュ、母シネマスコープ(母の父トニービン)。通算成績は15戦8勝となった。

レース後のコメント
1着 トランセンド 藤田伸二騎手
「1800mと違って、1600mは気持ち短い距離ですから、先頭に立つまで馬が少しビックリしていました。ずっとプレッシャーのかかる展開でしたし、最後まで持つか心配でしたが、力をつけていますし、よく踏ん張ってくれました。まだ遊び遊び走っている部分もある馬です。好位からの競馬など今後の課題もありますが、可能性もあります。負けられない一戦でしたし、勝ててよかったです」

2着 フリオーソ M.デムーロ騎手
「芝とダートの境目で気にして下がってしまって、その後内に入ってそこから外に出すロスがありました。その後も馬場の違いに戸惑って走っていて、馬が目覚めたのは残り100mあたりでした。1600mはこの馬には短いですね」

川島正行調教師のコメント
「馬が滑るようなところがあったようです。今日は追い込むようなレースをしましたし、これだけ走ったんですから、また中央のレースに挑戦したいと思います」

3着 バーディバーディ 池江泰郎調教師
「今日はデキもよく、調教も十分に積んで申し分ない状態でレースに臨めました。直線で伸びてきたときは残り250mあたりで夢を見ました。今日のようなレースができれば、これからも楽しみでしょう」

池添謙一騎手のコメント
「馬の状態もよく、理想的なレースができたのですが、さあ追いつこうかというところでトランセンドが二枚腰を使って、最後は脚色が一緒になってしまいました」

4着 ダノンカモン U.リスポリ騎手
「思った通りのレースができて、力は出していると思います。ただ、ゴールのところで照明灯の光を見て、頭を上げるようなところがあったし、これからよくなってくるでしょう」

5着 マチカネニホンバレ A.クラストゥス騎手
「前に行く馬について行こうと思っていました。一旦トランセンドを交わしたんですが、そこから内のトランセンドがまた伸びて、そこで力尽きた形です。今日はやれるだけのことはできたと思います」

6着 クリールパッション 津村明秀騎手
「休み明けとしては今までよりよく走っていると思います。この馬としては芝スタートの部分で遅れることもあり、距離ももう少し長い方がいいですね」

7着 ライブコンサート 福永祐一騎手
「内枠で動くに動けず。それでもよく伸びてきています。GIでこれだけ走ればダートの適性も問題ないですね。これからレースの選択肢が増えると思います」

8着 シルクメビウス 岩田康誠騎手
「4コーナーまではリズムよく走っていたのですが、そこから伸びる脚が思ったほどではなかったですね。今日は馬も落ち着いていましたし、よくわかりません」

14着 セイクリムズン 幸英明騎手
「1600mなので前に行くことになるとは思っていましたが、外から他の馬に来られてムキになって走っていました。距離はこのぐらいでも大丈夫だと思っています。今日は負けすぎではありますが、ムキになった分だと思います」

16着 コスモファントム 松岡正海騎手
「向正面で3回ぐらいトモを落とすような形になりました。その後はフォームがバラバラでしたので、今日は力負けではないと思います」