2月18日(金)「ゴールドジュニア(笠松)ミラノボヴィッチが逃げ切る」ほか [全国競馬情報]
2011/02/18(金) 19:26


●●ゴールドジュニア(笠松)ミラノボヴィッチが逃げ切る●●
 笠松競馬場で3歳馬による重賞=第35回・ゴールドジュニア(不良・1600m)が行われ、地元・笠松の牝馬ミラノボヴィッチが逃げ切って、重賞2勝目を挙げた。濱口楠彦騎手。勝ち時計は1分44秒0。2着は1番人気で兵庫のエルウェーオージャ、3着はオーナーシップ(笠松)。
 勝ったミラノボヴィッチは父ノボジャック、母ヴァーダントヒル、母の父サンデーサイレンスと言う血統の牝3歳。柳江仁厩舎の管理馬。通算16戦5勝。


●●結果テレホンサービスが南関東から全国へ拡大●●
 南関東のレース結果を伝える「南関東共同センターテレホンサービス」が7月19日(火)で終了し、7月20日(水)から、全国の地方競馬の結果を伝える「地方競馬テレホンサービス」としてリニューアルされると、関東地方公営競馬協議会から発表された。
 電話番号は7月19日までは「0570-01-5151」、20日以降は「0570-011-555」となる。


●●金沢競馬で冬季スタンプラリー開催●●
 金沢競馬では、冬期場外企画としてスタンプラリーを行なう。金沢競馬に1回来場につきスタンプ1個を押し、スタンプ3個で1回抽選が出来る。抽選で全国10ヶ所の地方競馬場所在地の名産品が当たる。期間は2月27日(日)~3月30日(水)まで。毎週2回、水曜日と日曜日に発表される。


(担当:舩山陽司)