【クイーンC】(東京)~人気のホエールキャプチャが制し、重賞初V [News]
2011/02/12(土) 16:48


東京11Rのクイーンカップ(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は、2番人気ホエールキャプチャ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4。3/4馬身差の2着に5番人気マイネイサベルが、3/4馬身差の3着に4番人気デルマドゥルガーがそれぞれ入線。

ホエールキャプチャは美浦・田中清隆厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母グローバルピース(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は6戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ホエールキャプチャ 池添謙一騎手
「久々の競馬で今日は馬がカリカリしていましたが、何とか我慢してくれましたし、強かったです。位置取りはスタート次第と思っていましたが、スタートが決まったのでいい位置を取って競馬をしました。横綱相撲で早めに抜け出したら、ソラを使っていましたので、着差以上に強かったと思います。レーヴディソールと対戦するまで負けられないと思っていましたし、僕はこの馬のことをメチャクチャ楽しみにしています。今日は期待通りに結果を出してくれました」

2着 マイネイサベル 松岡正海騎手
「今日の馬場は滑るので、返し馬の時点ではどうかなと思いました。阪神JFでは流れが落ち着いたので行きましたが、味がなかったので今日は脚をためて乗りました。折り合いは前走の方がつきましたが、脚をためて乗った方がいいのかもしれません」

5着 メーヴェ 蛯名正義騎手
「今日は体が減ってイライラしていましたが、自分のリズムを作ってタメて乗ったら、最後はいい脚を使ってくれました」

6着 ダンスファンタジア 藤沢和雄調教師
「内枠で、他の馬に前に入られ、今日は流れに乗れませんでした。それに今日はダッシュも悪かったです。ダッシュよく、2~3番手につけて行って欲しかったのですが……。スムーズさを欠いた分、伸びも欠きました」