2月11日(金)「佐賀記念はメテオロロジストがレコードで逃げ切る」ほか [全国競馬情報]
2011/02/11(金) 18:35


●●重賞レースの結果●●
・佐賀競馬場(天候:曇 ダート:稍重)で行われた第38回佐賀記念(第10競走・4歳以上オープン・JpnIII・1着賞金2500万円・ダート2000m)は、12頭によって行われた。スタートして2番人気のJRAのメテオロロジストが逃げ、2番手に1番人気のJRAノアドマイヤスバルがつけて、3番手が高知のグランシュヴァリエ。そしてJRAノセレスハントが続き、3番人気のJRAのマカニビスティーは6番手となった。2週目の3コーナーの手前でマカニビスティーがポジションを上げてアドマイヤスバルと並ぶ形になったが、逃げるメテオロロジストのスピードは衰えず、並ばれることなく直線に向き、結局2分6秒0というレコードでアドマイヤスバルに1馬身の差をつけて優勝した。勝利騎手はJRAの武豊。最後の4コーナーで外を回って差を詰めたセレスハントが2馬身差で3着となり、笠松のマルヨフェニックスが4着。マカニビスティーは5着。
 メテオロロジストは、父Golden Missile、母バイユーストーム(その父Stom Cat)という血統の牡4歳栗毛馬。JRA・栗東の池江泰寿厩舎所属。重賞初制覇で通算成績は9戦5勝(中央競馬では8戦4勝)となった。武豊騎手は、昨年のラッシュストリートに続き連覇となり、通算5度目の制覇となった。


●●開催を取りやめた競馬場●●
・今日12日の名古屋競馬は、雪のため開催を取止めた。なお、代替競馬はない。

(名古屋競馬のホームページによる)

(担当:小林雅巳)