【メイクデビュー】(京都4R、6R) [News]
2011/02/05(土) 15:07


京都4Rのメイクデビュー京都(3歳新馬、ダート1800m)は8番人気アドマイヤケルソ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒0(良)。2馬身差2着に2番人気ナポレオンバローズ、さらにクビ差で3着に7番人気シーズガレットが入った。

アドマイヤケルソは栗東・橋田満厩舎の3歳牡馬で、父アドマイヤドン、母ロイヤルカード(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤケルソ(川田騎手)
「内枠だったので内ラチ沿いをロスなく回ることが出来ました。いい流れになってくれましたし、ラストまでしっかりと走ってくれました」

4着 ドリームボルケーノ(酒井騎手)
「最後は狭いところから伸びてくれました。まだフワフワしていて、現状ではダートの方がいいかもしれません。使って良くなりそうです」

8着 タオ(デムーロ騎手)
「スタート良く、いいポジションにつけられましたが、初めてのレースで少し戸惑っていました。経験を積んで良くなって来ると思います」


京都6Rのメイクデビュー京都(3歳新馬、芝1600m)は1番人気ダノンフェニックス(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9(良)。ハナ差2着に3番人気オーシャンビーナス、さらに3/4馬身差で3着に5番人気シルクフェリーチェが入った。

ダノンフェニックスは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母バシマー(母の父Grand Lodge)。

~レース後のコメント~
1着 ダノンフェニックス(四位騎手)
「まだ体に緩いところはありますが、想像していた以上にゲートをうまく出ることが出来ていい競馬が出来ました。最後の勢いは2着馬の方が上でしたが、よく凌いでくれました。今後が楽しみな馬です」

2着 オーシャンビーナス(池添騎手)
「最後はいい脚でしたが、ゲートで遅れたのが響きました。ゲートが開いた時の音にビックリして頭を上げてしまって、それで出遅れてしまいました。ただ、それでここまで来たように能力はある馬ですし、すぐチャンスは来ると思います」

3着 シルクフェリーチェ(川田騎手)
「まだ少しフラフラしながら走っていましたし、今日は上位2頭とは通ったコースの差が出た分だと思います。すぐチャンスはあるでしょう」